【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!

2020年4月受動喫煙対策法に向けて対応を考える

2020年東京オリンピックに向け日本国内でも受動喫煙対策法が成立し、2020年4月に全面施行になります。

先進国の中でも、他国と比較して日本は、分煙、受動喫煙対策に遅れているので、世界各国から見ると、健康増進法の遅れが指摘されてきました。

非喫煙者の方は、やっとここまで来たかと思われるでしょう。

非喫煙者の方とは反対に喫煙者の方はどんどん肩身が狭くなりますね。

受動喫煙を受けたくない嫌煙権もありますが、喫煙する権利もあります。

喫煙する権利は、法でも認められていますが、「時と場所」をきちんと守らなくてはなりません。

これは、愛煙家の方のマナーが問われるところです。

私の勤める会社にも喫煙者は大勢いますし、私もその一人です。

喫煙時の煙が、他の人の迷惑にならないよう喫煙所での喫煙をするのは当たり前です。

2020年4月施行の受動喫煙対策法施行で、会社、大型飲食店、ホテルのロビーなども原則として屋内禁煙になります。

喫煙専用室を設ければ喫煙が認められるが、国が定める基準を満たす必要があります。

私は仕事柄、社内の管理をする立場で、会社内を全面禁煙にすることも考えましたが、喫煙する人の権利を会社が奪うことは出来ません。

私も喫煙者の一人として、会社内全面禁煙は避けたいのが正直なところです。

全従業員が効率よく仕事をするために会社内にパッケージ型喫煙ブースを設置することになりました。

今回、パッケージ型喫煙ブースを設置するにあたり屋内外に対応しているモデルや設置する先の空間に合わせたデザイン施工も行っている業者など私が調べた内容を皆さんにもご紹介したいと思います。

是非、ご参考ください。

喫煙ブースの『事前知識』

まずはパッケージ型喫煙ブースと喫煙ブース(喫煙室)の違いについてご紹介させていただきたいと思います。

    ①パッケージ型喫煙ブース

    タバコの煙の処理方法・・ダクトへの接続工事を必要とせず、フィルターにてタバコの有害物質や匂いを除去しそのまま室内に排気。

    ブースサイズ・・・・・・あらかじめ決められたサイズが用意されており、設置場所や喫煙人数等によりブースサイズを決める

    ※従ってパッケージ型喫煙ブースは換気設備も必要なくどこにでも設置が可能です。
     
    ②喫煙ブース(喫煙室)

    タバコの煙の処理方法・・換気設備、ダクト等によりタバコの煙を屋外に排気するためコストもかかり施工も大がかり

    ブースサイズ・・・・・・換気設備工事が可能であれば、パーテーションで様々なサイズの施工が可能

大まかに違いをまとめると上記のような形になりました。

もっと詳しく知りたい方はランキング下の詳細文をご覧ください。

こうしてみるとパッケージ型喫煙ブースの方が使い勝手が良く、私としては取り入れてみたいと感じました。

パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング一覧!

マークプランニングの画像1
大手企業の多数導入実績がある専門家集団

いろいろなパッケージ型喫煙ブース業者を調べてみた結果、私が今回ランキング1位にしたいと考えたのは、「株式会社マークプランニング」です。

この業者をランキングに選んだ理由を大きくふたつ挙げると、ひとつは分煙に関する知識とノウハウが豊富な「プロフェッショナル集団」であるということ、そしてもうひとつは実績が他業者と比べても非常にすごいということです。

このマークプランニングの喫煙ブースを導入した業者は、大手ゲーム会社であるスクウェア・エニックスやホテルオークラ、イオンモールに官公庁や鉄道機関など、実績としては申し分ない一流企業や公的機関の名前が並んでいました。

まだまだ認知が十分でない喫煙ブース施工業者の中で、こうした実績を持つというのは大きなアドバンテージではないかと私は考えました。

クリーンエアスカンジナビアの画像1
北欧から来た外資系業者であり、先進的な技術が魅力

2位にランクインしたのは、「クリーンエアスカンジナビア」という会社です。

この会社は国内発の企業ではなく、海外からきたいわゆる外資系の業者であり、ユニークなスタイルがよくも悪くも個性を発揮しています。

誕生したのが北欧の健康国家と評されているスウェーデンであるだけに、分煙ブースに対するこだわりやかける技術の高さは大したものです。

この業者が提供している分煙キャビンは、個人的に高く評価したいなと思いました。

実績も決して無視できないもので、東レ株式会社や三菱商事、三井不動産にソフトバンクテクノロジーなど、国内的な知名度も高く、優れた業績を誇る企業によってこの業者の分煙ブースが多数利用されているようです。

トルネックスの画像1
30年の実績を持つ分煙対策総合メーカー

3位にランクインしたのは、「トルネックス」です。

この業者は昭和45年に創業しており、空調をはじめとする室内環境関連事業に関しては、公式HPによれば実に30年以上携わっているとのことです。

室内環境という分野に関して強みを持っているこの業者では、分煙対策においても一貫したワンストップ体制での対策を行っているようです。

現状のヒアリングから分煙対策の提案だけでなく、設置したブースのアフターフォローからさらなる改善の提案まで、かなり幅広く手がけてくれています。

実際公式HPにて紹介されている分煙システムのラインナップも充実した種類が揃えられており、性能も一定水準をクリアしているようです。

日鉄鉱業(PLASMA'Σ)の画像1
粉塵除去に力を入れており、環境対策にも強い関心

最後となるランキング4位に紹介するのは、「PLASMA'Σ(プラズマダッシュシグマ)」をはじめとするプラズマ分煙ブースを手がけている「日鉄鉱業」です。

この会社は、主に環境に関連した機器を手がけているようです。

工業において発生する粉塵への対策は、同時に環境汚染に対する取り組みにもなり得ます。

だから、この企業自体も環境に対してとても強い関心を持っているようです。

その一環として、タバコの煙による健康被害への対策にも目を向けており、そのためにプラズマシグマをはじめとする分煙対策のためのサービス提供も行っているようです。

おそらく、分煙に対する取り組みは、今後さらに力を入れていくことが期待できるかと思われます。

大手企業の導入実績も豊富!株式会社マークプランニングがおすすめ


いかがでしたか?

ここまでパッケージ型喫煙ブース販売・設置業者を紹介してきましたが、様々な機能が搭載されているものやデザイン性の高いものなどたくさんあって驚きました。

その中でも私が特におすすめしたいのは「株式会社マークプランニング」です。

このマークプランニングの喫煙ブースを導入した業者は、ホテルや大手ショッピングモール、官公庁に鉄道機関などがあり、実績としては申し分ないと思いました。

やはり、多く採用されているということはそれだけ良いものなのでしょう。

また、それだけ採用されている理由としては、業界の中でも知識とノウハウが豊富な「プロフェッショナル集団」であることが挙げられます。

さらに、屋外・屋内の幅広い形態のさまざまな分煙スペース施工にも対応しており、デザイン性も考慮されたブースも取り扱っています。

施工料金についても買取とリース形式の二つから選べるので導入しやすいのも特徴です。

今後、受動喫煙対策法が成立することで喫煙ブースの需要が大きく伸びてくることが予想されます。

パッケージ型喫煙ブースを検討をしている中でお悩みの方には是非おすすめの会社です。

健康増進法とは?


健康増進法とは、国民の健康維持と現代病の予防を目的とした法律です。

ここでの意味を簡潔にまとめると、煙草を吸わない人を守る法律ということです。

■ 「望まない受動喫煙」をなくす

喫煙することで起こりやすくなる病気だけでなく、喫煙時に発生する煙「副流煙」でも健康被害が起きると考えられています。

自分が望んで喫煙しているのならまだしも、煙草を吸いたくない、煙草の煙を嫌悪しているのに周囲の副流煙を吸わされるのは、不本意ですよね。

煙草を吸っている人が吸う主流煙は燃焼温度の高い部分で発生し、煙草の内部やフィルターを通過するのに比較して、副流煙は燃焼温度が低いため、主流煙と比較して有害物質が高い濃度で含まれているのです。

望んで喫煙していないのに、喫煙者と比較して高濃度の副流煙を吸うことになるなんて、煙草を吸わない人からしたら迷惑になります。

■ 受動喫煙による健康被害が大きい子供、患者等に配慮

家の屋内で煙草を吸っていても、子供が生まれた途端にベランダに追いやられたという方も多いのではないでしょか。

私も、娘が生まれてからというものベランダです。

可愛い娘のため、家では寒いベランダでの喫煙も我慢できますが、外出時はどうでしょうか。

外で食事をしているときに子供連れの方は、近くの席で煙草を吸っている客がいないか大変気になると思います。

煙草の煙には数千種類の化学物質が含まれていて、そのうち発がん性物質は約60種類あるといわれています。

成人と比較して子供や病気を患っている人など、身体的に影響を受けやすい人には、更なる配慮が必要です。

■ 施設の種類・場所ごとに対策を実施する

受動喫煙をなくすために、施設や場所に応じて対策をすることです。

ここでいう対策とは、禁煙にするか若しくは喫煙場所やパッケージ型喫煙ブースを設置するということになります。

具体的に、学校・病院・児童福祉施設等・行政機関・交通機関(バス・タクシー航空機)の場合、施設内は禁煙になります。

屋外で受動喫煙を防止する必要な措置がとられた場所に、パッケージ型喫煙ブースなどの喫煙場所を設置した場合は、その中でのみ喫煙することが出来ます。

それ以外の会社などの多数の人が利用する場所では、原則室内は禁煙です。

ただし、パッケージ型喫煙ブースなどの喫煙専用室などを設置した場合のみ喫煙することが可能になります。

■ 飲食店はどうなる?

飲食店の場合、原則室内は禁煙です。(客面積100㎡以下、資本金5千万円以下は、規制対象外)

但し、国の基準は上記でありますが、東京都の基準は従業員が1名でも居たら禁煙もしくは喫煙室の設置となり上記国の基準は該当しません。

国の基準ではパッケージ型喫煙ブースなどの喫煙室・指定たばこ専用喫煙室を設置した場合にその喫煙ブース等の中のみで喫煙することが出来ます。

都道府県によって違いはありますが、ほとんどの飲食店が対象になるイメージです。

食事に行き、煙草を吸わない方、小さなお子さんを連れている方は副流煙が気になると思います。

喫煙者も落ち着いて一服しようとして飲食店に入る、灰皿がおいてあるので煙草を吸っても禁煙席でもないのに、周囲から煙たい迷惑そうな顔をされても辛いものがありますね。

煙草を吸わない人を守る2つの方法


では、煙草を吸わない人を守る方法は、何でしょうか。

私は2つあると思います。

■ 完全禁煙

1つ目は、敷地内を完全禁煙にしてしまうのです。

これなら、費用は0円です。

もし今、敷地内に喫煙所があるのなら撤廃してしまえば良いのです。

しかし、喫煙者の権利もあります。

それに実際問題、現在習慣的に喫煙している人は、成年人口の17.7%になります。

さらに細かく分析してみると、男性は29.4%で女性は7.2%となっています。

参照:厚生労働省国民健康栄養調査

これだけの人の存在を無視して、完全禁煙にするのは非現実的だと思いました。

■ パッケージ型喫煙ブースを設置する

2つ目の方法は、パッケージ型喫煙ブースを設置することです。

健康増進法の中にも度々登場する、「喫煙専用室などを設置した場合のみ喫煙することが可能」の文章のように、この喫煙専用室=パッケージ型喫煙ブースを設置するのは、どうでしょうか。

喫煙スペースを他のスペースと区分けして、個室化する方法です。

煙やニオイが喫煙スペースにこもり溜まってしまったり、非喫煙スペースに漏れたりしないように注意が必要です。

吸気口や排気口など一定の気流が確保できる換気設備が必要となります。

確かに設置するのには費用がかかりますが。

煙草を吸う人、煙草を吸わない人の権利や心情を比較して、どちらか一方を優遇するのではなく、両者が共存できるのが一番だと思いますし、そのために多少の費用は仕方ないことだと思いました。

喫煙ブース設置に助成金補助金サポートを活用


パッケージ型喫煙ブースを設置するにあたり費用がかかりますが、国の厚生労働省受動喫煙防止対策助成金、または各自治体の分煙環境整備補助金を使うことが出来ます。

・助成対象 全国の中小企業事業主
・助成率  助成対象経費の1/2(飲食店は2/3)
・助成金上限 1,000,000円

■ 助成対象として認められるもの

  • 電気工事、建築工事、配管工事等に係る人件費、材料費、運搬費、設計費(設計管理料含)、管理費
  • 喫煙可能区域と非喫煙区域を隔てるためのパーテーション、ドア、カーテン
  • 換気装置、空気清浄装置、人感センサー
  • 照明機器
  • 消防法等の法令で設置が義務づけられている機械装置
  • 灰皿、出入口に取り付けるのれん(備品は喫煙室等に据え付けて使用する物に限る)
  • 建築基準法、消防法などの他法令で義務付けられている手続きに係る費用
    (※手数料を含む。なお、人件費、旅費などについては実費に限る)

■ 助成対象として認められないもの

  • デザイン料
  • 助成金の申請書や見積もり作成のための費用(事前調査費用含む)
  • 申請の代行のための費用(社会保険労務士等への報酬等)
  • 喫煙可能区域内を区切るためのパーテーション、ドア、エアカーテン
    (※受動喫煙防止対策の効果に寄与するものは助成対象となりうる)
  • 消耗品(機械装置等の購入時に付属している物を除く)
  • 映像機器、音響機器、絵画、観葉植物、本棚
  • 机、椅子(固定式も助成対象外)
  • 喫煙室の出入口前に設ける部屋(いわゆる前部屋)に係る費用
  • 土地の取得に係る費用

■ 特別に必要と認められる場合に限り、助成対象と認められうるもの

  • 建築の増設費用(喫煙室等の設置のために建物の増設が必要な場合に限る)
  • 既存施設の解体、移設にかかる経費
  • 建物と屋外喫煙所をつなぐ渡り廊下
  • 空気調和設備(エアコン等)
  • 用件の確認のための測定の費用
    (※構成労働省が実施する委託事業で貸与を受けられなかったなど、特段配慮すべき事情がある場合に限る)

助成金についての詳細はこちらをご覧ください。

参考:厚生労働省 「受動喫煙防止対策助成金」のご案内

従来からの喫煙スペースの比較ポイント


煙草を吸う人も吸わない人も気持ち良く過ごせる喫煙スペースが必要です。

従来からある屋内喫煙スペース、屋外喫煙スペース、2つについて比較しながらご紹介します。

■ 屋内喫煙スペースと屋外喫煙スペースの違いって?

建物の外に設置されている喫煙スペースが屋外喫煙スペースと思われがちですが

実際は、建物の中に喫煙スペースが設置されていても屋外喫煙スペースとなる場合もあります。

私も今回、パッケージ型喫煙ブースについて調べていく中で初めて知りました。

屋内喫煙スペースと屋外喫煙スペースの定義は、以下のように厚生労働省で定められています。

出入り口等の主たる開口面が屋内の非喫煙区域に面している場合は喫煙室に該当し、同開口面が屋外の非喫煙区域にのみ面している場合は屋外喫煙所に該当する。

ややこしい定義ですが、ポイントは建物ではなく出入口が外に面していれば屋内でも屋外喫煙スペースになるということです。

屋内に喫煙スペースを設置場合は出入口の位置を確認することが必要になるのですね。

■ 屋内喫煙スペースのポイント

国が推奨する健康増進法に適合する屋内喫煙所の基準は、受動喫煙を妨げる仕様になっていることが必要です。

  • 入り口における室外から室内への風毒が0.2m/秒以上である
  • 壁、天井によって区画されていること
  • 煙草の煙が屋外に廃棄されていること

煙草の煙が喫煙スペースから漏れてしまっては意味がありませんよね。

屋内喫煙スペースの場合、自社ビルなどなら問題ないのでしょうが、他の喫煙スペースと比較して賃貸の場合等は、デメリットがあります。

壁や天井に煙が漏れないため新たに区切りを作ったとしても、退出する際には、壁などを撤去し原状回復工事を行わなければならない場合もあります。

■ 屋外喫煙スペースのポイント

屋外型喫煙スペースにも大きく分けると種類があります。

屋内喫煙スペースと屋外喫煙スペースの違いをご説明したように入り口の位置で変わってきます。

出入口が非喫煙スペースに面しているつくりの場合は、屋内喫煙スペースでも屋外喫煙スペースとしての扱いとなるので、デメリットは屋内喫煙スペースと同じことが言えると思います。

また、敷地内で外に多くの屋根と壁で完全に囲われた喫煙スペースを設置する方法もあります。

完全に孤立し壁と屋根にしっかりと囲まれているため、屋内喫煙スペースと比較した場合、気流の流れの影響が少ないので、煙草の煙が漏洩しにくいというメリットがあります。

といっても、設置する場所によっては煙草の煙が建物内に流れ込んでくるというデメリットもあります。

建物の反対側に設置するのが良さそうです。

注目を集めているパッケージ型喫煙ブース


私が会社で設置をしようと考えているのが、現在注目を集めているパッケージ型喫煙ブースです。

屋内喫煙スペースを設置するにしても壁や天井の工事の問題がありますし、休憩中に煙草を吸いにいく従業員のことを考えると建物を出て敷地の端で・・・という屋外喫煙スペースも考えにくく頭を抱えていました。

パッケージ型喫煙ブースは、その名の通り喫煙スペースがひとまとめにされています。

屋内にポンと、完全な喫煙所を入れ込むイメージです。

壁や天井に手を加える必要がない、煙草の煙の処理で必要なダクト工事、設備工事が不要というのが屋内喫煙スペースと比較した際の大きな違いです。

一度に何人の喫煙者がパッケージ型喫煙ブースを利用するかで、設置するパッケージ型喫煙ブースの大きさは変わってくると思いますが、0.5坪から設置可能なパッケージ型喫煙ブースもあるようです。

設備工事が不要、小さなスペースでも設置できる、煙草の煙、ニオイの流出を抑えられるなら、パッケージ型喫煙ブースは、これからますます注目を浴びることになるでしょう。

パッケージ型喫煙ブースを設置するなら


パッケージ型喫煙ブースの設置や、分煙キャビンを考えた際、どの業者に依頼しようか悩みますよね。

選ぶ際の比較ポイントとして、やはり親身になって相談に乗ってくれる業者が一番ということです。

喫煙スペースの立地や大きさは、会社や飲食店などさまざまです。

あらゆるビジネスシーンでのパッケージ型喫煙ブースや屋内外喫煙スペースの提案をしている業者を選びたいですね。

設備の比較ポイントとしては、国が定めている基準をクリアした設計提案をしてくれることが重要ですので、入口風速を比較し、入口風速0.2m/h以上確保している設備が望ましいと思いました。

またパッケージ型喫煙ブースは、社内、店舗内のオアシスの様な場所にもなります。

高性能なのはもちろんデザインにもこだわってみたいと思いました。

以上の点を踏まえて、おすすめの業者4選を選びました。

どの業者もおすすめできる喫煙ブース業者ですので、是非ご参考ください。

 

 

記事一覧

近年、レストランや職場など禁煙になっているところが多く、その中で注目を浴びているのがパッケージ型喫煙ブースです ・・・[続きを読む]
これからパッケージ型喫煙ブースを検討しているという人は導入時に直面するかもしれない問題についても知っておいてく ・・・[続きを読む]
喫煙は吸う人だけの問題ではありません。実際、受動喫煙の危険性はかなり高いものです。 だからこそ受動喫煙の被害を ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースを取り入れたいならばその料金体系についてよく知っておくと良いでしょう。実際、パッケージ型 ・・・[続きを読む]
古い喫煙ブースの設備の老朽化や煙草の煙のにおいが漏れるなど、不満があるときに、喫煙ブースのリニューアルをおすす ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースは収容人員がかなり商品によって変わってきます。ものによっては10人以上収容できるようなか ・・・[続きを読む]
どうしてパッケージ型喫煙ブースはニオイが漏れないのか気になっているという人も多いことでしょう。パッケージ型喫煙 ・・・[続きを読む]
喫煙者にもタバコを吸う権利はあります。そして習慣的に喫煙している人口は17%強で、これだけの人がタバコを楽しみ ・・・[続きを読む]
受動喫煙対策法が成立し、2020年4月には全面施行されることになりました。これに伴い今後ますますたばこを吸う場 ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースを導入して、受動喫煙対策をおこなおうと考えている方もいるはずです。 そのような方に向けて ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースを取り入れる際に気になるのが換気設備についてです。 換気設備はかなり強力なのがパッケージ ・・・[続きを読む]
パッケージ型の喫煙ブースを取り入れようとしているならば知っておきたいのが基準です。 基準が守られていない場合、 ・・・[続きを読む]
たばこの煙や臭いに対する規制が厳しくなるなかで、大変注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。 施工しても ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースは人気が高いものです。 特に最近では受動喫煙の脅威もより認識されるようになってきています ・・・[続きを読む]
非喫煙者にとってタバコの煙ほど嫌なものはありません。 その場で不快な症状を生じさせるだけでなく病気を引き起こす ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースをこれから取り入れる際にはリース形式のパッケージ型喫煙ブースを取り入れてみるのも良いでし ・・・[続きを読む]
2020年の全面施工に向けて今後一層強化される受動喫煙対策法ですが、今後の取り組みとして分煙対策により力を入れ ・・・[続きを読む]
たばこを吸う人も吸わない人も快適に過ごすためには分煙対策がとても大切です。 そこで注目されているのがパッケージ ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースを取り入れたいならば知っておきたいことがあります。 例えば、パッケージ型喫煙ブースはけっ ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースは魅力が多くて導入したいものですが、もしもパッケージ型喫煙ブースを施工したいという際には ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースは大変注目されているサービスです。 こうしたパッケージタイプの喫煙ブースを取り入れれば実 ・・・[続きを読む]
最近では飲食店を含めて店内は禁煙というマークを頻度良く見かけます。 しかし、喫煙者にも権利はあり、そのために企 ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースを導入するのは、飲食店やら医療機関、個人でも行えますが、そうした喫煙ブースを施工するには ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースを取り入れる場合いろいろとチェックしておきたいことがあります。 例えば、パッケージ型喫煙 ・・・[続きを読む]
受動喫煙の危険性はかなり高いものです。受動喫煙によって不健康になったりすることもあります。 だからこそパッケー ・・・[続きを読む]
今後ますます受動喫煙に対して厳しくなる中で、いかに分煙対策することができるかが課題となります。そこで役立つのが ・・・[続きを読む]
世間では健康志向が高まってきていることもあり、喫煙者は肩身の狭い思いをするようになってきています。 喫煙できる ・・・[続きを読む]
パッケージ型喫煙ブースとはどんなものか、まだそれほど広く浸透していないので知らない人もいるかもしれません。 し ・・・[続きを読む]