【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型の喫煙ブースの施工にはどれくらいのコストがかかる?

公開日:2019/04/26  最終更新日:2019/08/21

パッケージ型喫煙ブースは魅力が多くて導入したいものですが、もしもパッケージ型喫煙ブースを施工したいという際にはそのコストについて知っておくと良いでしょう。

例えば、パッケージ型喫煙ブースを施工する際には着工金などがかかってきます。他にも、いろいろな費用がかかるのでここでしっかりとパッケージ型喫煙ブースにかかる費用を整理しておいてください。

 

費用について詳しくなる

これからパッケージ型の喫煙ブースを設けたいならば、その料金について知っておくべきです。

例えば、パッケージ型の喫煙ブースを利用する際にはまず着工金がかかってきます。この額はかなりケース・バイ・ケースですが、平均は10万円程度です。この着工金は全くかからないパッケージ型喫煙ブース業者もあります。

他にもパッケージ型の喫煙ブースを設置する際には工事が必要になることもあります。屋内タイプの場合にはオフィスを改築する必要性があることも。

他にパッケージ型の喫煙ブースの組み立て費用もあります。組み立てには数日かかることもありこうした費用もしっかりと見積もってもらいたいところです。

更に組み立てが終わった後には成功報酬などが生じることもあります。こうした費用も見積もり時に計算してもらうと良いでしょう。このように費用がかなりいろいろかかるものの、他にもフィルター代金やメンテナンス費用などのランニング費用もかかります。

諸々でかかってくるのは100万円程度ですが、小さなパッケージ型の喫煙ブースであれば安く済ませられることも。これもパッケージ型の喫煙ブースの種類によって変わります。

 

見積もりをしっかり確認

このようなコストは業者によってかなり変わります。そのため、しっかりと見積もってもらうと良いでしょう。もしも見積もり内容をみてよくわからない用途の費用が生じていた際にはしっかりと聞いておくことが大事です。

また、相見積もりをしてもらうこともおすすめです。これによってより安いところが見つかってきます。ちなみに見積もりを利用する際にもコストがかかることがあるので気をつけておきましょう。

また、費用の中でも気をつけておきたいのが再工事費用です。例えば、パッケージ型の喫煙ブースを取り入れた後に「グラグラする」「煙が漏れる」といったように問題が生じることがあります。

こうした際に再工事費用はどうなるのかといったことは契約内容によって変わります。だからこそこれからパッケージ型の喫煙ブースを設けたい際には契約書の内容もしっかりと比較しておくようにしておきましょう。

加えて、パッケージ型の喫煙ブースのコストを徹底的に下げたい場合には価格交渉してみるのもありです。価格交渉してみることで一気にコストダウンしてくることもあります。

例えば「他の業者はもっと安い」「これなら自分でする」といったように価格について相談してみてください。パッケージ型の喫煙ブース業者によってはすんなり価格ダウンしてくれることもあります。

また、価格交渉するためにも相見積もりなどしてもらって他の業者のコストについても知っておくことがおすすめです。他にももしもコストが気になるようならば激安業者を利用するのもありでしょう。

パッケージ型の喫煙ブース業者の中には格安で対応しているところがありますが、値段相応の対応となってしまう可能性も大いにあります。きちんとした分煙対策や専門知識など考えた際には、費用が掛かったとしても良い業者を選んだ方が中長期的にメリットがあると思います。

他にもパッケージ型の喫煙ブースの基準もありますから、基準も満たしているかチェックしておいたほうが良いでしょう。たとえば、喫煙ブース内からたばこの煙や臭いの流出を防ぐ為、喫煙ブース内に向かう0.2m/s以上の空気の流れを確保する必要がある等の基準があります。

また、パッケージ型の喫煙ブース業者でないと扱っていないパッケージ型の喫煙ブースもあります。かなり丈夫で魅力的ですから、やはり本格的に導入したい場合には業者に頼んでおくのがおすすめです。

 

支払い方法もいろいろあって便利になってくる

もしも支払うのが難しい、費用が賄えないといった場合でもなんとかなることがあります。例えば、パッケージ型の喫煙ブースによってはいろいろな支払い方ができることがあるのです。

支払い方法にも分割払いやローン払いできることも。もしも支払いが難しいといった場合にはまずは業者に相談しておくことをおすすめしておきます。加えて価格交渉してみることもやはりおすすめです。

他にもパッケージ型の喫煙ブースを利用する際にはレンタルすることもありです。レンタルならばトータル費用も安くなってくることがあります。だからこそ安く導入したい場合にはレンタルしてみることをおすすめします。レンタルであれば短期間だけ利用したい、お試しで利用したいといった場合にも使えます。

このようにこれからパッケージ型の喫煙ブースを利用する際には注意点も多いものです。しかし工夫すればよりお得に導入できるようになります。また、パッケージ型の喫煙ブースはせっかく導入したら有効活用しておくことも大事でしょう。

いずれにしても費用などで気になってしまったらまずはパッケージ型の喫煙ブース業者に相談に行ってみると良いでしょう。こうした費用などについてもしっかりと説明してくれるので安心できるというものです。

 

パッケージ型の喫煙ブースを設けたいならば、そのコストをしっかりと見積もってもらいましょう。利用する際には着工金などがかかってきます。

また、維持費用も生じることがあるので気をつけておきましょう。他にもレンタルすることによって費用削減できることもあります。

このように選択肢はいろいろとありますが、見積もりをいろいろなパッケージ型の喫煙ブース業者に依頼して適正な相場を見つけることもおすすめでしょう。

更に導入したい際には値段交渉などもして更に費用削減を工夫してみることがおすすめです。ローン払いなどができることもありますからまずは相談しておくと良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
記事一覧