【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

環境に配慮したパッケージ型喫煙ブースはある?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/05/08

2020年からは、法律により室内でのタバコを禁止するようになりました。ただし、喫煙所と呼ばれるところならば喫煙は可能になっています。このように考えれば、喫煙者にとっても安心ですが実際には周りの環境なども考えなければいけません。副流煙の問題を避けるためには、パッケージ型喫煙ブースの存在が重要になってくるでしょう。

そもそもパッケージ型喫煙ブースとは何か

喫煙場所等はさまざまな場所でありますが、室内で喫煙する場合には喫煙ブースが必要になります。喫煙ブースは、たいていは壁で区切られており、密室の中で喫煙をする形になります。ただ実際には、いまだに壁で区切られておらず、通りがかりの人にとっては環境に悪いことも考えられますので、そのようなところは早急に密閉した空間を作らなければいけません。

従来の禁煙ブースの場合には、排気口などをつけなければならず、かなり建物にも改造の費用がかかりました。しかし最近は、より安価になっており簡単な作りの喫煙所ができているわけです。それがパッケージ型喫煙ブースと呼ばれるものです。

このパッケージ型喫煙ブースの最大の特徴は、排気口等を取り付けなくても機械が煙を吸ってくれることです。いわゆる機械の中にフィルターが存在しており、そのフィルターがタバコの煙をきれいにしてくれるわけです。

業者や値段の高さあるいはグレードによっても異なりますが、高い業者やグレードのものほど、しっかりとしたフィルターが利用されているのが特徴です。タバコのフィルターも、安いものになるとただ煙を吸うだけでそこまで効果はありません。いわゆる煙から出るニコチンなどの存在により、肺を痛めてしまう恐れがあるわけです。

ところが、しっかりとしたフィルターを使っているところは、目の細かいフィルターがニコチンなどをしっかりと吸収してくれ、室内で副流煙などが出ないようにしている傾向があります。フィルターに加えて、吸引力の高い機械を利用することで、煙が充満しない傾向があります。

タバコから出た煙が、ほぼ100%に近い位吸い込み口に吸い込まれていくとすれば、室内が煙で充満するようなことはまずありません。例えるならば、強力な掃除機が建物の中心にあり、煙を吸い込んでいくイメージを考えておけば良いでしょう。

このような喫煙ブースは、簡単に設置できる点も大きな魅力になります。従来は大きな改造しなければいけませんでしたが、最近はついたてを経て中央に機械を置くだけで設置が可能になっています。設置する費用はグレードによっても異なりますが安いもので100万円位となっており、高級な機械やフィルターが用いられているものに関しては、500万円位することも少なくありません。

業者によっては、機械のレンタル等をおこなっており、機械のレンタルを利用すればもう少し安く設置することが可能になります。つまり、機械のレンタルをする場合にはブースの設置費用等はかかりますが、ガラス張りの壁等の費用はかかるものの、真ん中の機械は毎月のレンタル費用が1万円程度になりますので、初期費用がかなり安く抑えることが可能になるわけです。

喫煙による副流煙の怖さを理解しておこう

タバコは、副流煙が怖いとされていますが、副流煙とは一体何でしょうか。基本的にタバコを吸う人は、ほぼ例外なく知っているはずですが、自分が吸う煙はタバコのフィルターを通しているのが特徴になります。

このフィルターの役割は非常に大きく、可能な限りタバコに入っている毒物をフィルターのところで押さえ込み、肺の中に入る煙はそこまで毒物はありません。もちろんそうは言っても、毒性のものが全く入らないわけではなく、喫煙自体が身体に悪い影響を及ぼすのは間違いありません。

しかしやはりフィルターが付いているのとついていないのとでは大違いになります。そしてタバコから出る煙は、フィルターを通して肺に吸い込みその肺から吐き出した煙だけではありません。

もう一つは、タバコの先端から出る煙になります。この煙が副流煙と呼ばれるものでタバコの先端から出る煙はフィルターを通していないため、非常に体に悪いとされています。吸っている本人が直接この先端から出る煙を吸うことになるかもしれませんが、実はたまたま通りすがった人がこの煙を吸ってしまいさまざまな病気になることも考えられます。

具体的にどのような病気があるかと言えば、中年以上の男性ならば脳卒中になる可能性が高いとされています。そのため、可能な限りこの副流煙を吸わないようにしなければいけません。

それ以外の副流煙によって考えられるのは、肺がんや喘息などの病気になります。また妊婦さんが吸うと、胎児に悪い影響があるとされており、禁煙をしている人やそもそもタバコを吸っていない人にとってもこの喫煙所周辺のタバコの煙は非常に厄介なものとなっています。

つまり、パッケージ型喫煙ブースを設置する場合も周りの人の環境のことをしっかり考えなければいけないわけです。もともと2020年から制定された禁煙に関する法律もこの副流煙対策が主となっています。副流煙により、病気になる人が増えると、国の医療費が莫大になるわけです。

しかも、全くタバコを吸っていない人が被害を受けると言う点は、非常におかしな話と言えるでしょう。そこで最近のパッケージ型喫煙ブースでは、この副流煙をどのようにして起こさないようにするかが最大の課題となっているわけです。

禁煙ブースを設置する業者も、煙をどのようにシャットダウンするかと言うことで頭を悩まされており、実際に出来上がった製品の中には、ほぼ100%に近い位外部にタバコの煙を出さないような工夫をすることができているものも存在しています。

どのようにして環境に配慮しているのかを知る

これから本格的にビルやマンションなどでパッケージ型喫煙ブースを設置する場合には、どのような仕組みで副流煙を防いでいるかをよく理解する必要があります。

1つは、強力なフィルターと吸引力になります。これにより、煙の多くは部屋の中に充満することなくシャットダウンされていくでしょう。しかし、喫煙ブースにもさまざまな大きさがあり、人が4人ぐらいしか入れないようなところと10人以上入れるようなところがあります。イメージ的には空港にある喫煙ブースなどがこれに該当します。

空港にある喫煙ブースは、ある程度人がたくさん入ることになりますので、それなりの収容力があります。このとき、機械の近くでタバコを吸っている人は煙が確実に機械のもとに届きますが、機械から離れた入り口付近で吸っている人吐き出す煙は、完全に機械の中に入らないことも考えられます。そして、人が出入りするときその人が吐き出した煙がブースを越えて外に出てしまう恐れがあるわけです。

従来ならば、これにより副流煙の問題がありましたが、最近はエアーカーテンと呼ばれるものが利用されています。これは、入り口付近の真上に空気の膜を作り、上から下に向けて扉が開いたときに強力なエアーを渡します。エアーを出すことにより、建物の外に出ていきそうになった煙を完全にシャットダウンしそのエアーにぶつかった煙は室内に戻る仕組みになっています。

 

最近は喫煙について世の中もうるさくなっていますが、喫煙をする場合に関しては室内の場合はパッケージ型喫煙ブースを利用している建物も多いです。例えばビルやマンションなどでパッケージ型の喫煙ブースが利用されており、副流煙などを防ぐ仕組みになっているのが特徴です。

このブースは、強力なフィルターと吸引力がついており、煙をシャットダウンする役割がありますが、中から外に出ていく煙が完全に防げるわけではありません。そこでこれを防ぐためには、入り口付近にエアーカーテンを作り周辺を歩く人の環境に配慮しています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧