【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型の喫煙ブースは屋内と屋外両方とも設置できる?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/26

たばこを吸う人も吸わない人も快適に過ごすためには分煙対策がとても大切です。

そこで注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。

気になるのが導入する場合屋内、屋外どちらにも設置することができるのかということです。

では実際のところどうなのか詳しく紹介しましょう。

 

どこに設置するべきか考えよう

受動喫煙対策の法令が成立した今、2020年度の全面施行に向けてきちんと分煙対策を取らなければいけません。たばこの煙にはニコチンやタールといった有害物質が含まれています。

たばこを吸うことで有害物質を外に排出していることになるでしょう。また、たばこを吸わない人にとってはその臭いもとても気になるものではないでしょうか。

やはりどうしてもたばこを吸うと煙が出てしまうため、その煙に対してもしっかり対策しなければいけません。そこで注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。

導入することで、しっかり喫煙者と非喫煙者の空間を分けることができ、副流煙対策も行うことができるのでおすすめです。しかしこのようなブースを設置する場合、設置するためのスペースの問題が出てきます。

やはり空間を分けるとなるとそれなりにスペースを必要とするため、どの程度スペースを空けることができるかもしっかり考えなければいけません。また、室内に分煙できるだけのスペースがないという場合、屋外に設置することができるものもあるので、そちらの検討をおすすめします。

室内に設置する場合、非喫煙者のスペースが狭くなってしまいなかなか導入することができないという場合もあります。そんな時でも、室内室外両方に設置することができるので安心して導入することができるでしょう。

また、パッケージ型喫煙ブースはデザインも豊富にあります。2~3人程度で利用することができるコンパクトなものから10人以上入ることができる大型のものもあります。

複合型商業施設など多くの人が集まる場合、やはり少人数のものでは難しい部分があるでしょう。そんな時でもたくさんの人が入っても余裕があるものもあるので、どのくらいの大きさのものを導入するのかしっかり考えることをおすすめします。

また、屋内に設置するか屋外に設置するか迷っている場合、どちらの方が利便性が良いのかきちんと考えてから導入するべきではないでしょうか。その場に合ったものを導入することでより快適に使用することができるので、設置場所についてもしっかり検討が必要です。

 

喫煙者も非喫煙者も安心して暮らすために

パッケージ型喫煙ブースの導入を考えている場合、導入費用が気になるものではないでしょうか。やはり設置するにはある程度コストが掛かってしまうので費用の問題も出てきます。

購入するまではなかなか費用が出せないというところもあるかもしれませんが、リースを行っているところもあるので利用することで購入するよりも初期投資をおさえることができるでしょう。また、購入する場合は数十万円から数百万円の費用が掛かってしまいますが、それに加え施工費も別に掛かってくるでしょう。

そのため、パッケージ型喫煙ブースを導入するためにはどのような費用が掛かっているのか見積依頼をしてみましょう。導入するための費用はサイズによっても大きく異なります。

またどのようなタイプのものを導入するのかによって変わってくるので各販売会社の商品をチェックしてみましょう。また、それと共に導入したい大きさのパッケージ型喫煙ブースの相場を知っておくことも大切です。

相場を知らないとそのブースが高いのかどうか知ることができません。値段の比較をするためにも複数の販売業者に見積依頼をしてみましょう。

たばこの煙は喫煙者にとっては気にならないかもしれませんが、やはり非喫煙者はとても気になるものではないでしょうか。また、その臭いも気になりますし、洋服に臭いがついてしまうという場合もあるでしょう。

そんな喫煙者と非喫煙者のどちらも不快なく過ごすためにも、分煙対策はとても大切になってきます。現在公共の場など禁煙になっているところが増えています。今後ますますその傾向は強くなる一方です。

しかし、たばこを吸うことが一概に悪いという訳ではありません。心を落ち着かせたり、ストレス発散の目的で吸っている人も多くいます。その人たちのたばこを吸う空間もしっかり確保しつつ、周りに迷惑が掛からないようにすることこそが今後の課題ではないでしょうか。今後受動喫煙対策の規制が全面施行されるため、それに向けてどのような分煙対策が必要なのか考えることが大切です。

 

助成制度を利用する場合の注意点

たばこの臭いや煙が嫌いでも、近くでたばこを吸っている人がいれば、その影響をどうしても受けてしまいます。副流煙は体に悪影響を及ぼすものであり、副流煙の方が有害物質が高濃度で含まれているともいわれています。そのため、できれば避けたいものであり、なんとかしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そのためにもパッケージ型喫煙ブースは便利です。

また導入する場合、排気システムであったり換気についてもきちんと考えることが大切でしょう。やはりブース内に煙が溜まりっぱなしではそれこそ有害物質の影響をもろに受けてしまうことになってしまいます。パッケージ型喫煙ブースを導入する場合でもブース内にもしっかり対策を行わなければいけません。

現在しっかり対策されたブースがたくさん出ており、対策の仕方もそれぞれ異なります。どのような仕組みになっているのかもきちんとチェックし、より安心して利用することができるものを選びましょう。また、このような設備を導入するにあたり国では厚生労働省受動喫煙防止対策助成金など様々な助成金制度を設けています。

また、各自治体でも助成金を設定しているところもあるので、導入する前に一度調べてみましょう。上手に利用することで導入するためのコストを少しでも軽減することができるでしょう。

ある程度費用が掛かってしまうものですからやはり助成制度は利用できるのであれば利用したいものです。ただし、利用するには条件があるのでそれに当てはまるかどうかしっかり確認しましょう。

また、助成対象ではないものなど細かな定めがあるので注意が必要です。それを知らなかったばっかりに予算オーバーしてしまったということが起きてしまうことも考えられます。助成制度を利用する場合は条件や何が対象になるのかもしっかりと頭の中に入れておきましょう。

 

近年公共の場やレストランなどでたばこを吸う場所が減りつつあります。また今後受動喫煙対策の規制が全面施行されることから、ますます喫煙者にとってたばこを吸う場所が減っていくのではないでしょうか。

そこで役立つのがパッケージ型喫煙ブースです。導入することで喫煙者と非喫煙者の空間を分離することができるのでおすすめです。また、このブースは屋内と屋外の両方に置くことができるので、その場に合ったものを利用することができるでしょう。

喫煙者と非喫煙者の両方が快適に過ごせる空間をつくることが今後の重要な課題です。どちらの権利も守られ、安心して暮らすことができる環境づくりをしなければいけません。

今後より一層分煙対策をしっかりと行う必要がありますが、どのような対策を取る必要があるのかじっくり考え検討しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧