【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブースの導入ができない原因とは

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/08

これからパッケージ型喫煙ブースを検討しているという人は導入時に直面するかもしれない問題についても知っておいてください。

例えば、パッケージ型喫煙ブースによってはかなり大きくて設置できないこともあるでしょう。

他にもパッケージ型喫煙ブースを取り入れる際には気をつけておきたいのがコストでもあります。

 

取り入れる際の注意点

パッケージ型喫煙ブースを取り入れることはけっこう大変なことがあります。

例えば、パッケージ型喫煙ブースを取り入れる際には、しっかりとオフィスに設置できるか確かめてからにしておいてください。しっかりと寸法を確かめてから導入しないと、パッケージ型喫煙ブースが入り切らなくて返品しないといけなくなり、余計な手間もかかります。

他にもパッケージ型喫煙ブースは置く際に換気口なども確保しておいてください。換気口などが確保できないと設置も不可能です。このような注意点があるので導入時にはしっかりと業者に調査してもらいましょう。

また、場合によってはオフィスがかなり小さくて導入が難しいこともあります。この際には小スペースタイプのパッケージ型喫煙ブースを選びましょう。パッケージ型喫煙ブースによっては一人専用もあります。こうしたパッケージ型喫煙ブースであればほとんどどんなオフィスであっても設置できるようになってくるはずですからおすすめしておきます。

パッケージ型喫煙ブースは収容人員の問題もあります。導入しても使われないといったことがありますが、これはパッケージ型喫煙ブースが小さすぎるためであることも原因です。

もしもオフィスに入らないようならば屋外タイプを取り入れるのも良いでしょう。こうした屋外タイプのパッケージ型喫煙ブースであればよりスペースも気にしなくて済みますからおすすすめです。

さらに屋外タイプを取り入れる際には気をつけておきたいことがあります。例えば、屋外タイプのパッケージ型喫煙ブースは大型トラックなどで組み立て済みの製品が送られてくることがあります。こうした大型トラックが入れないような道路もあるのでこれから依頼する際にはこうした要素も検討しておくと良いでしょう。せっかく来てもらったのにトラックが入れないようだと大変がっかりします。

 

コストについても注意

さらにパッケージ型喫煙ブースを取り入れる際には、必ずそのコストについても注意しておきたいところです。例えば、予算によっては高すぎて導入できないこともあるでしょう。

予算を上回るような場合にはいろいろな料金体系のパッケージ型喫煙ブースを検討してみることもおすすめです。例えば、新品のパッケージ型喫煙ブースだと30万円近くするものもあります。こうしたパッケージ型喫煙ブースも中古の製品を選べばその半額以下になることもあるのです。これによって予算的な制約がある際にも問題なく導入してみることができます。

さらにパッケージ型喫煙ブースによってはレンタルやリースが可能なものもあります。レンタル品であれば初期導入時のコストが安く済みますからコストがかかってしまうのが嫌な場合にはおすすめしておきます。

さらにレンタル品はお試し用としてもおすすめなので「パッケージ型喫煙ブースの使用感が知りたい」といった際にも活用しておくと良いでしょう。レンタルスあればいつでも好きな時に返却してみることができてかなりおすすめなのです。

パッケージ型喫煙ブースは音がうるさくて導入できないといったこともあります。実際、換気能力が強いだけに換気扇の音がうるさくて仕事に集中できないといったこともあります。だからこそこれから導入を検討する際にはしっかりと実物を見学してミスマッチを防ぐようにしておいてください。ミスマッチを防げればより導入時のコストも少なくなってきます。

このような問題点以外にもパッケージ型喫煙ブースを導入しようと業者に連絡した際に対応してもらえないこともあります。例えば、在庫がなくてすぐに導入してもらえないこともあるでしょう。これは仕方のないことですが、在庫などの問題もあるのでなるべくこれから導入してみたい際には早めに業者に連絡しておきましょう。

 

パッケージ型喫煙ブースならではの注意点

さらにパッケージ型喫煙ブースは導入しても利用してもらえないといったこともあります。これは悲劇ですが、導入しても使ってもらえないのは「狭すぎる」「臭い」といったような原因がほとんどです。こうしたことを防ぐためにも導入する前に下見をするようにしておいてください。

他にも問題となってくるのが解体する際です。パッケージ型喫煙ブースによっては解体が難しくて困ることもありますし、処分ができないものもあります。処分する際にも業者を利用しておくと良いでしょう。場合によっては無料で引取してくれることもあります。また、導入時には移動・解体がしやすいパッケージ型喫煙ブースを選んでおくこともおすすめです。

このように注意点は多いですが、その魅力もやはり多いものです。パッケージ型喫煙ブースによってオフィスがより効率的になることもあるでしょう。なんといってもパッケージ型喫煙ブースによって受動喫煙も防げるのでうまく取り入れるようにすると良いでしょう。

 

パッケージ型喫煙ブースを導入してみたい際には寸法をしっかりと確保しておいてください。場所によっては入らないこともあります。

また、パッケージ型喫煙ブースの換気扇がうるさいといったこともあるかもしれませんし、コストが高くて導入していけないこともあるでしょう。このような場合にはレンタル品などを利用しておくと良いでしょう。

また、パッケージ型喫煙ブースの業者によっては在庫がなくてすぐに対応してもらえないといったことがあるのでなるべく早めに連絡しておきましょう。こうすることによって在庫も確保してもらえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
記事一覧