【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

個人でもパッケージ型喫煙ブースを導入できる?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/07

喫煙は吸う人だけの問題ではありません。実際、受動喫煙の危険性はかなり高いものです。

だからこそ受動喫煙の被害を少しでも低くするためにも受動喫煙防止のための対策をいろいろとしておきましょう。例えば、パッケージ型喫煙ブースは大変役に立つものです。

また個人でも導入することができることがあるので有効活用しておいてください。

 

個人でパッケージ型喫煙ブースを使う

パッケージ型喫煙ブースは基本的には企業向けのサービスです。とはいえ、個人でもパッケージ型喫煙ブースが使えないかというとそんなことはもちろんありません。自分で自宅などで使うことによって家族に喫煙者がいるといった場合にはかなり役立ってくるものです。パッケージ喫煙ブースがあれば受動喫煙も防げるだけでなく、ヤニなども防止することが可能となってきます。

こうしたパッケージ喫煙ブース業者によっては一般住宅向けの商品を用意しているところも多いです。一般住宅向けのパッケージ喫煙ブースはより小さく手軽に設置しやすいのが特徴になっています。

価格ももちろんビジネス用途向けのパッケージ喫煙ブースよりもより安くて導入するのが容易なところでしょう。とはいえ、パッケージ喫煙ブースを導入する際には気をつけておきたいこともあります。

例えば、パッケージ喫煙ブースのスペースが問題となることも。パッケージ喫煙ブースを取り付けるには一定のスペースが必要になりますし、換気もしっかりできるところでないといけません。換気のことも考えるとベランダの近くなどに設置するのがやはりおすすめしておきます。

また、屋外に設置するのに向いた一般住宅向けのパッケージ喫煙ブースもあります。こうしたパッケージ喫煙ブースであればよりいろいろなところで使っていくことができるようになってきます。

こうしたパッケージ喫煙ブースを取り付ける際には利用者数も考慮しておいてください。一般住宅用のパッケージ喫煙ブースは小さいので一度に一人しか使えないといったものもあります。このため、ヘビースモーカーがいっぱいいるような家庭の場合には一つのパッケージ喫煙ブースだけでは足りないといったことも。

更に価格についても気をつけておきたいところです。パッケージ喫煙ブースはビジネス用のものだと100万円を超えるようなものもあります。こうしたものを自宅に取り入れるのはコスト的に難しくなるものでしょう。とはいえ、一般住宅向けのパッケージ喫煙ブースであれば10万円程度のものもあります。簡易的なパッケージ喫煙ブースもあるのでいろいろなオプションを検討しておいてください。

 

こんな注意点あるので気をつける

こうしたパッケージ喫煙ブースを実際に取り入れる際には業者選びで苦労するかもしれません。やはりパッケージ喫煙ブースはビジネス向けが多いので住んでいるところでパッケージ喫煙ブースに対応している業者がないといったこともあるでしょう。こうした際には全国対応しているパッケージ喫煙ブース業者もあるのでこうしたパッケージ喫煙ブース業者を利用すると良いでしょう。

さらにパッケージ喫煙ブースの料金体系もポイントです。例えば、パッケージ喫煙ブースによってはレンタル制のものがあります。こうしたレンタルパッケージ喫煙ブースであれば簡単にお試しすることができますし、いらなくなったら返すこともできます。レンタルパッケージ喫煙ブースは一般住宅で取り入れたい際にはかなりおすすめしておきます。とはいえ、レンタルの場合には月額費用などもかかってトータルコストが増すことがあるので気をつけておきたいところです。

さらに一般住宅向けのパッケージ喫煙ブースは機能も限られてくることも。かなり狭いので利用しにくいので喫煙者が使ってくれないこともあります。かなり内部で煙がこもってしまってかなり健康に悪影響を与えるといったものもあります。このため、必ずパッケージ喫煙ブースを選ぶ際には下見して納得できるかどうか確かめてから選ぶようにしておくと良いでしょう。

このようにパッケージ喫煙ブースを選ぶ際にはポイントも多いものですが、なんといっても個人向けのパッケージ喫煙ブースは製品数が少ないです。このため自分の家に合ったものが見つからなくて困ることもあるかもしれません。

こうした際にはキャンプ用トイレなどを改造してみることもありです。キャンプ用トイレなどを改造してみることで、格安でパッケージ喫煙ブースができあがります。とはいえ正規品に比べるとやはり煙除去力などで劣ってくるので限界はあることは認識しておいてください。

 

パッケージ喫煙ブースを利用する際のポイント

こうしたパッケージ喫煙ブースは使い方も大事になってきます。これはビジネス用パッケージ喫煙ブースでも同じことがいえますが、取り入れても有効活用されないことがけっこう多いのです。このため、喫煙者が心地よい環境にすることによってパッケージ喫煙ブースをよりうまく使ってもらえるようにもなってきます。

また、ベランダがあるからパッケージ喫煙ブースはいらないと考えている人もいるかもしれません。とはいえ、ベランダで吸うと受動喫煙の影響もあります。ベランダで吸っても煙が外に逃げずに風などに寄って室内に入ってくることもあります。だからこそ本当に受動喫煙の被害を重視するならば必ずパッケージ喫煙ブースを導入しておきたいところです。

また、パッケージ喫煙ブースを利用する際には火災の問題があります。パッケージ喫煙ブースは火災対策もされているものの一般住宅向けのパッケージ喫煙ブースは軽量化のために火災に弱いプラスチック製なこともあります。こうしたこともありパッケージ喫煙ブース近くに消火栓などを取り付けると良いでしょう。

パッケージ喫煙ブースで火災になるケースはそこまで多くないもののやはり備えておくに超したことはありません。このようにパッケージ喫煙ブースを取り入れる際には注意点も多いところです。

だからこそしっかりと一般住宅向けのパッケージ喫煙ブースを扱っている業者と話し合っておきたいところでしょう。置き場所などによってもパッケージ喫煙ブースの効果は大きく変わってきてしまいます。

もしもこれから導入する際には導入した後のメンテナンスなどもしてくれるところを選ぶと良いでしょう。パッケージ喫煙ブースのメンテナンスとしては定期的な清掃やフィルターの交換などが必要になってきます。

フィルターの交換などをしないとうまく煙を除去できなくて思わぬトラブルを招くこともあるのでしょう。こうしたフィルターの交換などの補償もしてくれるようなパッケージ喫煙ブースを選んで、よりうまく利用してみるようにしておいてください。

 

パッケージ喫煙ブースを取り入れることによって自宅でもパッケージ喫煙ブースが利用できるようになってきます。こうしたパッケージ喫煙ブースを取り入れる際には専門業者を用いるとともに火災などにも気をつけておきたいところです。

また、個人向けのパッケージ喫煙ブースは価格的に安いものもあるものの、機能が不十分なこともあるのでしっかりと商品を選んでおきたいところでしょう。また、パッケージ喫煙ブースを設けても使ってくれないことがあるのでしっかりと置き場所などを選んでおきたいところです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧