【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

一人用のパッケージ型喫煙ブースもある?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/30

パッケージ型喫煙ブースの商品ラインナップを見ていると、大人数で利用するものばかりが目についてしまうことがあります。大勢収容できるようにするとスペースがかなり必要になってしまうので、一人用のものを導入できないかと考えることもあるかもしれません。

一人だけしか使えないような喫煙ブースもパッケージ化されているのでしょうか。

どんなシーンで必要かを考えておこう

パッケージ型になっている喫煙ブースは基本的には仕様が決まってしまっていて変更できないものです。設置したい場所に組み立ててもらえるのが特徴で、屋内でも屋外でも気軽に設置してもらえます。分煙を進めるうえでは有用な選択肢ですが、現場によってどのくらいのサイズの喫煙ブースが必要かはかなり異なるのも確かでしょう。

オフィスビルを借りていてスタッフ300人のうちで50人が喫煙者という場合には少なくとも数人から十数人くらいは収容できる必要があります。喫煙したいというタイミングはお昼休みの始めや終わり、終業後などに集中することが多いため、半数近くを収容できるようなものにしておかないと社員のストレスが大きくなってしまうからです。同じように50人の喫煙者がいたとしてもオフィスが分かれている場合には少ない収容人数の喫煙ブースを複数設置するのが合理的でしょう。

一方、喫煙者はかなり少ないというケースもあるのは確かで、300人の従業員がいても一人か二人しか喫煙していないこともあります。その場合には同じオフィスで働いていたとしても一人分か二人分のスペースがある喫煙ブースを設置すれば十分なのは明らかでしょう。

このような状況の場合には完全禁煙にしてしまうこともできますが、喫煙しているスタッフが優秀な場合にはなかなか決断できないもの確かです。また、喫煙者で優秀な人材を手に入れにくくなってしまうというデメリットもあり、人材採用で不利になってしまうことは否めません。このような観点から喫煙ブースを設置するときには一人用のブースが欲しいと考えるのはもっともなことです。

会社の場合には福利厚生として喫煙スペースを提供し、非喫煙者には受動喫煙をしないで済む環境を与えるという考え方が重要になります。しかし、相手が従業員でない場合には少し考え方を変えることが可能で、喫煙ブースは一人入れれば十分というケースがたくさんあるのです。

例えば、飲食店や販売店を営業しているときに、喫煙したい人が利用できるスペースを確保しておくというのは合理的な方法でしょう。飲食店の場合には席でも吸えるようにして分煙するという方法もありますが、それを嫌うお客からは離れられてしまうことになります。お店の一角に喫煙スペースを設けておくと非喫煙者のお客を増やしやすくなるでしょう。この場合には食事をするために飲食店に来ているので、喫煙者が同時にタバコを吸うことはあまり多くはありません。

一人客をメインとしている場合にはこの限りではないものの、ファミリーやカップルをターゲットにしている場合には最小限の喫煙ブースで問題ないでしょう。小さなお店なら一人分のスペースがあれば十分だと考えることができます。

販売店の場合にも同様で、基本的には喫煙を我慢してもらっても大丈夫なのは確かです。しかし、店内や店外に喫煙ブースが設けられていれば利用しやすいお店として認識してもらえるでしょう。

この場合にも基本的には商品を買う目的で来てもらっているので、スペースはかなり狭くても問題はありません。個人店や小規模なスーパー程度なら一人分でも十分に対応できると試算するのが賢明でしょう。このようにさまざまなシーンで一人用の喫煙ブースがあれば良いという発想が生まれてくることになります。

たった一人しか使えないようなブースもある

それでは現実的な問題として、本当にたった一人で使うような小さな喫煙ブースがパッケージ化されているのかということを確認しておきましょう。実はかなりの業者が一人分しかスペースがない小さな喫煙ブースを提供しています。

なぜこのような小さなブースがよくラインナップに含まれているのかは考えてみると明らかで、需要が高いからに他なりません。世界的に禁煙しようという動きが強まっている影響で、喫煙者の割合が減少してきている状況があります。

大きな企業であっても、就業中に喫煙しないとイライラしてしまって仕事にならないというようなスモーカーはあまり多くはないのが実態なのです。お昼休みに一服できれば十分、あるいは勤務時間中はタバコを吸わなくても大丈夫という人が多くなっているため、大きな喫煙ブースを必要としないケースが多くなっています。

それに加え、スペース的な問題で大きなブースは設置できないケースも多くなりました。特に都心部でオフィスを構えている企業の場合には少しスペースを広げるだけでかなりコストがかかることになり、かなり狭いスペースを有効活用して事業をおこなっていることも少なくありません。大きな喫煙ブースを作るためにオフィスを拡張しようとすると移転が必要になるケースも多く、そのコストを考えると実施できないという場合もあるでしょう。

限られたスペースの中で分煙を実現するには可能な限り小さなブースを導入するのが合理的な方法です。このような事情があって10人以上収容できるような大型ブースだけでなく、たった一人しか入れないようなブースの需要も高まっています。

仕様について簡単に理解しておこう

一人用のパッケージ型喫煙ブースに興味を持ったら、仕様がどうなっているかを確認しておきましょう。メーカーによって細かな違いはありますが、およそ1メートル四方のボックスになっているのが一般的です。

昔から使われている電話ボックスのようなイメージを持つと良いでしょう。その中に換気設備と灰皿が設置されているというのが基本で、屋内用でも屋外用でもそれほど大きく仕様に違いはありません。

暗くなると自動的に電灯を点けられる仕組みになっていたり、スイッチで電灯や換気設備のオンオフを切り替えられるようになったりといった形で、設備面の充実度は個々に違っているので比較して選ぶのが大切です。

一般的にはパネルのようにして組み合わせることができるガラスや樹脂でできた透明の壁で多く形でブースが作られています。その壁を作り上げているパネルの数でブースの大きさを変更できるようにしてあるのが普通です。

そのため、もし将来的に拡張したいと思ったら、既存の喫煙ブースにパネルなどを追加する形で対応してもらうことも可能です。逆に喫煙者が減って不要になったときには数人用の喫煙ブースを縮小して一人用にすることもできるので検討してみましょう。

 

パッケージ型喫煙ブースは一人用の小さなものから10人以上も収容できる大型のものまで一通りのラインナップがあります。喫煙者が少ない場合や、同時に大勢の喫煙者が利用することがないようなときには小さなものを選んでおくと良いでしょう。

オフィススペースの問題でできるだけ小さくしたいというニーズもあり、多くの業者が一人用のパッケージ型喫煙ブースを取り扱うようになっています

細かな仕様はメーカーによって異なるので比較して決めるのが大切です。基本的にはパネルを組み合わせる形でスペースを調節しているブースなので、拡張することも縮小することもできるということは念頭に置いておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧