【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブースの施工業者の選び方

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/26

たばこの煙や臭いに対する規制が厳しくなるなかで、大変注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。

施工してもらうためには施工業者を選ばなくてはいけませんが、その選び方が重要です。

そこでどのように依頼先を選べば良いのか、その選び方について紹介します。

 

受動喫煙対策法対策として注目

2020年の全面施行に向けて受動喫煙対策法が成立し、日本でもたばこに対する規制がより一層厳しくなっています。これまでもたばこの臭いや煙に対する対策として禁煙席と喫煙席を分けるなどの取り組みがされていましたが、今後ますますその対策を厳しくする必要があるでしょう。

たばこの臭いや煙はたばこを吸う人だけでなく、その副流煙を吸った周りの人にも影響を及ぼしてしまいます。特に小さなお子様や体の弱い人にとってはその影響は小さなものではありません。

そこで受動喫煙対策法を成立させることで少しでも副流煙などでの健康被害を少なくしようという取り組みが成されることとなりました。全面施行はオリンピックが開催される年である2020年ですが、もし違反してしまうと罰則も課されてしまうため注意が必要です。

病院や学校など多くの人が集まり利用する場所は基本的に全面禁煙となります。今後全面施行に向けて段階的にたばこへの対策が成され、より一層たばこを吸う喫煙者にとっては吸う場所がないという問題は出てくるのではないでしょうか。

しかし、受動喫煙対策法が成立したからといって非喫煙者のたばこを吸う権利がなくなった訳ではありません。その権利も守りつつ上手く分煙対策をすることが課題になってくるのではないでしょうか。

そこで注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。利用することで喫煙者と非喫煙者の空間を分けることができ、副流煙対策としてもおすすめです。

パッケージ型喫煙ブースは利用する人数に合わせてサイズを選ぶことができますし、導入が比較的簡単なものもあります。その場に合ったものを導入することで、より一層快適な空間づくりをすることができるでしょう。

副流煙対策として今後ますます導入する会社が増え需要が高まる一方で、施工業者選びが問題になってきます。やはり依頼するのであれば安心して依頼することができる、信頼できる施工業者を選ぶことが大切です。

たくさんあるなかから実際選ぶ際はどのように選べば良いのでしょうか。

 

安心して施行を依頼するために

パッケージ型喫煙ブースを取り扱っているところは探せばたくさん見つかります。はじめて導入する場合などどこに依頼すれば良いのか、商品も色々あるので迷ってしまうものではないでしょうか。

デザイン重視のもの、環境に配慮したものなど色々あるため、まずは自分がどのようなものを導入したいのか各社の商品をしっかりチェックすることが大切です。また、安心して依頼するためにもこちらの話にしっかり耳を傾けてくれるところを選ぶことが大切です。

やはり導入するためには設置するための費用や時間が掛かります。それにプラスしてしっかり副流煙対策をしなければいけません。ただ単に導入すれば良いという訳ではないので、導入するためのアドバイスなどしっかりくれるところを選びましょう。

例えば連絡を入れたのにも関わらずなかなか連絡をくれないところは危険です。また、聞いた質問に対してすぐに返事をくれないなど、少しでも大丈夫かなと不安を感じるようなところは選ばないようにしましょう。

そのようなところを選んでしまうと、導入完了まで心配が続いてしまいます。また、その後のアフターフォローもしっかり行ってくれるかも不安になってしまうので、見積り依頼や問い合わせをした際の対応も見極める際の判断材料にしましょう。

やはり親身になってこちらの話を聞いてくれ、より良い提案をしてくれる施工業者であれば安心して依頼することができます。そのためには知識や経験が豊富なところでなければいけないので、これまでの実績や施工例なども参考にしましょう。

やはり実績があればその分経験値が高くなります。またそれだけ多くの人に選ばれているということですから信頼度が高まるのではないでしょうか。まずは気になる施工業者についてしっかり調べ、また問い合わせをした際の印象も大切にしましょう。

 

今後ますます分煙対策が必要になる

たばこにはタールやニコチンなど様々な有害物質が含まれています。その有害な物質はたばこの先端から出る煙であったり、吐き出した煙のなかにも含まれているでしょう。本人だけでなくそれを吸った周りの人にも影響が出てしまう場合もあるため、きちんと対策をする必要があります。

今後ますますたばこを吸う場所が規制されますが、だからこそいかに分煙対策ができるかが課題になってくるでしょう。パッケージ型喫煙ブースであれば喫煙者と非喫煙者どちらの空間も守ることができ、嫌な臭いなども排出せずに快適な空間をつくることができるものが多くなっています。

今後喫煙所ではない場所でたばこを吸った人にも罰則が適用されます。きちんと煙など遮断できる喫煙所でたばこを吸わなければいけない仕組みがさらに強化されるので普段からしっかり意識した生活をしなければいけません。

パッケージ型喫煙ブースは同じ部屋に喫煙者と非喫煙者がいたとしてもその空間をしっかりと分けることができ、副流煙のリスクを減らすことができます。そのためにも大変有効なものであり、分煙対策することができる有効なものではないでしょうか。

またデザイン性にも優れたものも多くあり、導入しても違和感のないものもたくさんあります。それと共にブース内にいる人にも影響が少ないよう、消臭対策や煙の排出などのシステムが強化されているものもたくさん出てきています。

毎年たくさんのブースがニーズに合わせて開発されており、利用者から高い関心を寄せられています。たばこを吸う人も吸わない人もお互いがお互いを思いより共存することができることこそが重要なことであり、それを可能にするのはパッケージ型喫煙ブースではないでしょうか。

今後の受動喫煙対策法の全面施行に向けてますます関心が高まる問題ではありますが、ぜひ信頼できる施工業者を見つけて分煙対策の依頼することをおすすめします。

 

以前からたばこの副流煙の問題がありましたが、2020年の受動喫煙対策法の全面施工に向けてしっかり取り組んでいかなければいけません。そこで注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。導入することで嫌な臭いや副流煙の排出を抑制し、喫煙者と非喫煙者の空間をしっかりと分けることが可能でしょう。

また導入する際の施工業者の選び方もとても重要です。どこに依頼するかによってもその対応の早さやアフターフォロー体制が異なるので、選ぶ際はこれまでの実績や評判なども参考にしながら選びましょう。

また、対応の早さもとても重要になってくるので、問い合わせした際すぐに対応してくれるか、的確な回答をしてくれるかも選ぶ際の判断材料にすることをおすすめします。

導入することで喫煙者と非喫煙者の快適な空間が守られ、両者が安心して過ごせるスペースをつくることができるので、ぜひしっかり考えて導入しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧