【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

屋内のパッケージ型の喫煙ブース導入には基準がある?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/26

パッケージ型の喫煙ブースを取り入れようとしているならば知っておきたいのが基準です。

基準が守られていない場合、取り入れても問題になることもあります。

だからこそ設けられている基準がどのようなものなのか知っておきたいところでしょう。

ここではそんな気になるポイントについて紹介していきます。

 

どんな基準があるのかについて知っておく

パッケージ型の喫煙ブースにはいろいろな基準があるものです。例えば、換気能力の基準があり、条例などによって定められています。さらに会社独自の決まりやビルを借りる際にはビル独自の決まりがあることもあります。

実際、換気能力が低いと火事などにもなりやすいだけでなく受動喫煙などの可能性もあります。だからこそしっかりと基準にそったパッケージ型の喫煙ブースを取り入れておきましょう。

他にもパッケージ型の喫煙ブースによっては守らなければいけないのが防火規格です。防火規格はかなり大事なところで軽んじることはできません。実際、燃えきらなかったタバコなどによって家事になったりすることがあります。こうしたことを防ぐためにもしっかりとした規格が設けられているのです。

防火規格もさまざまありますが、市販で売られているパッケージ型の喫煙ブースは規格を満たしたものがほとんどなので安心しておいてください。また、製品によっては特にスプリンクラーがついていたりする強力な防火対策が施されているものもあります。こうしたスプリンクラーなどがあるパッケージ型の喫煙ブースであればより安心できますからおすすめできることでしょう。

さらに強度に関する基準もあります。パッケージ型の喫煙ブースは屋外に設置されることなどもあるためにこうした基準を設けることが必要になってくるのです。こうしたことも含めて検討しておいてください。

 

どのような基準を守っているか

このようにいろいろな基準があるので一体どのような基準に合致しているか不安になることもあるでしょう。せっかく導入しても基準に合致していないと利用するのも不安です。

それだけでなく基準にあっていないと罰せられたり取り換えが必要になるといったことがあります。だからこそこれからパッケージ型の喫煙ブースを取り入れてみたい際にはしっかりと業者と相談しておきましょう。

自身の住んでいる地域で守らなければいけない基準としてはどのようなものがあるか、業者に聞けばしっかりと教えてくれるものです。これによって安心して導入してみることができます。

また、パッケージ型の喫煙ブースによっては基準以上の性能があるものもあってかなり安心して利用することができるものもあります。基準についてはかなり専門的な知識が必要になるのでやはりプロに相談して解決すると良いでしょう。

また、すでに導入していることもあるでしょう。こうした際に導入済みのパッケージ型の喫煙ブースが基準に合致しているか知るためにも、まずは業者に調査を依頼してみることをおすすめしておきます。

こうすることでより余計な不安なく利用することができるのです。さらに基準に合致しているからといって利用していて気持ち良いパッケージ型の喫煙ブースであるかどうかは話が別です。

基準は最低限のものでしかないのです。そのため、基準に合っていても使ってみたらけっこう煙いといったこともあります。だからこそ必ずこれからパッケージ型の喫煙ブースを取り入れる際には下見してその性能などについて評価しておいてください。こうしたことも面倒かもしれませんがしっかりとしておけば後悔のない選択ができるようになってくることでしょう。

 

もしも基準に合致していない場合

基準に合致していないパッケージ型の喫煙ブースもあります。例えば、古いパッケージ型の喫煙ブースなどは新しい基準に対応していないことがあるのです。

特にここ最近は受動喫煙防止条例などの改定も激しいので基準が導入時とは変わっていることもあります。これによって今使っているパッケージ型の喫煙ブースが基準に合致しなくなっていることも。

こうした場合にはやはり交換が必要になってきます。もしも不安ならば業者に相談しておいてください。また、基準に合致しなくなっているパッケージ型の喫煙ブースを使うと罰せられることがあります。

これは住んでいるところによってケース・バイ・ケースですが、罰金によってコストがかかったり、また、会社の評判なども下がってきてしまいますからかなりの大ダメージです。

他にも、基準に合致しなくなっている=安全ではないということです。基準は単なる決まりではなく利用する人を守るためにも設けられているのです。

だからこそ面倒臭がらずに基準に合致しているパッケージ型の喫煙ブースを取り入れることがおすすめでしょう。自分で取り入れる際にもこうした基準に合っているか知っておくことが大事です。

やはりプロの業者に任せれば基準に合致していないパッケージ型の喫煙ブースであれば教えてくれます。しかし、素人が自分でネットなどで選ぶ際には換気能力がある製品を選びましょう。

パッケージ型の喫煙ブースには基準が設けられていることもあります。例えば、住んでいる地域の受動喫煙防止条例などをチェックしておいてください。

これ以外にも会社独自の決まりがあるといったことも。こうした基準は吸う人だけでなくいろいろな人を守るためにあるのです。だからこそしっかりとした基準に合致しているパッケージ型の喫煙ブースを選んでおくことをおすすめしておきます。

もしも悩んだらまずは業者の話しを聞いておきましょう。購入して取り付けてみると、基準に合致していなくて問題になることがあるのです。

 

パッケージ型の喫煙ブースを取り入れるならしっかりと基準について知っておいてください。パッケージ型の喫煙ブースにはいろいろな基準があり、防火基準などを守っていく必要があります。

基準が守られていないと罰金になったりすることもあるので気をつけておきたいところです。また、基準が守られていない製品は使っていて不安ですし受動喫煙などの危険も高くなっています。

だからこそお少しコストが生じたとしても、しっかりと基準に合ったものを選んで見ると良いでしょう。加えてパッケージ型の喫煙ブースによってはかなり性能が良いものもあるので、業者と相談していろいろな製品を選んでみることをおすすめしておきます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
記事一覧