【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

屋内と屋外のパッケージ型喫煙ブースの違いとは?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/26

パッケージ型喫煙ブースは人気が高いものです。

特に最近では受動喫煙の脅威もより認識されるようになってきていますから、必要性も増しています。

主にパッケージ型喫煙ブースには屋内タイプと屋外タイプがあり、ここでは違いについて詳しく紹介しておきましょう。

 

どんな違いがあるのか

パッケージ型喫煙ブースの室内タイプと室外タイプの相違点は多いですが、なんといっても換気能力が違ってきます。パッケージ型喫煙ブースはかなり換気力が高いですが、特に室内タイプは換気もしっかりできるのです。

逆に換気もできないような室内タイプは利用する人にとって危険性があります。だからこそ室内タイプを選ぶ際にはどのくらいの換気ができるのかを比較しておいてください。

また、室外タイプのパッケージ型喫煙ブースはそこまで換気力がないことも。これは窓などを開ければ簡単に換気ができるためです。室外タイプの商品によっては換気扇が設けられておらず換気は窓の開閉だけで行うものも。

それだけ電気代などもかかりにくくてコスト的にお得なのでおすすめしておきます。また、暖房機能・冷房機能などがついているかも室内タイプと室外タイプとで変わってきてしまいます。

室外タイプは暖房機能などがついているのが標準です。逆にこうした機能がないと冬になるととても使えたものではないのです。

また、室内タイプだと完全に暖房機能などは省略されているものもあります。暖気取り入れ口などが設けられており、完全に暖房機能は外部に頼っている室内タイプもあります。

さらにパッケージ型喫煙ブースは室内タイプと室外タイプで価格なども変わってきます。やはり室外タイプのほうが高いものが多いですが、これもかなりケース・バイ・ケースです。

例えば、室内タイプのものでもカスタムされたものだとかなり価格的にも高くなってくることがあります。パッケージ型喫煙ブースの商品もいろいろあるのでこのあたりについてもこれから利用する際にしっかりと相談しておくと良いでしょう。

室内タイプはかなり狭苦しいこともあります。これによって利用しづらいと感じることもあります。また、室外タイプは鍵が付いていることなどもあります。

こうした防犯対策などはやはり充実しているので魅力的なところではないでしょうか。このような違いは見逃せないところですが、実際にどちらにすればよいかはケース・バイ・ケースです。

例えば、環境によっては室内タイプと室外タイプのどちらでも取り付けることができることもあります。こうした場合にはコストや利用感をじっくりと比較しておいてください。こうすることによって後悔もしにくくなってきます、

 

他にも相違点がある

こうした違い以外にも設備も室内タイプと室外タイプでは異なってきます。室外タイプはより火災の心配が少ないので消火栓などがないこともあります。

一方、室外タイプのパッケージ型喫煙ブースの場合にはスプリンクラーなどが標準で備わっている場合もあります。こうした設備の差によってコストも変わってきてしまいます。

さらに設置方法も変わるのです。室外タイプのパッケージ型喫煙ブースの場合にはトラックなどですでに組み立てられた状態で運ばれてくるといったことがあります。一方で、室内タイプの場合には組み立ても現場で行う必要性があることも。

他にもパッケージ型喫煙ブースは室内タイプと室外タイプで導入時に考慮しておくべきことが変わってきてしまいます。例えば、室外タイプの場合にはそこまで設置スペースを気にする必要性もありません。パッケージ型喫煙ブースをおけるだけのスペースがあるところであればどこでも設置することができます。

逆に室内タイプのパッケージ型喫煙ブースになると置き場所もしっかりと考えないといけません。換気扇の位置などもありますし、場合によってはかなり大きくておくのが大変なこともあります。だからこそ実際に設置する際はどこに設置するかしっかりと業者と相談しておくことが必要でしょう。

加えて、パッケージ型喫煙ブースの利用感も変わってきてしまいます。例えば、室内タイプであればトイレに行ったついでなどに簡単に使うことができます。しかし、室外タイプだとわざわざ靴を履いて外にでないといけないことも。これによってより使うのが面倒になることもあります。

結果的にトイレなどで隠れて吸ってしまう人も増えるというわけです。こうしたそれぞれの違いについても理解しておくことによってよりうまく取り入れることができるようになるはずです。

 

実際に取り入れる際のポイントについても解説

上記で紹介したようにパッケージ型喫煙ブースの屋内タイプと屋外タイプの違いはかなりあるものです。こうしたことは業者としっかりと相談して検討しておいてください。

また実際に取り入れる際には業者選びもしっかりしておきましょう。業者によっては屋内タイプしかないところもあればどちらも扱っているところもあります。

加えて、屋内に設置するからといって必ずしも屋外タイプを利用しないといけないといったこともありません。屋内であっても場所や環境によっては、屋外タイプを設置することができることもあります。屋内タイプではなく屋外タイプを取り付けることによって取り外しなどもしやすくなるといったメリットもあるのです。

さらに収容人員もチェックしてから選びましょう。同じ寸法であっても屋外タイプと屋外タイプでは収容人員が変わることがあります。これは壁の厚さなどが影響していますが、こうしたことは盲点になりがちなので気をつけておきましょう。

このようにポイントも多いものですが、実際にパッケージ型喫煙ブースを取り入れる際にはしっかりと見積もりしてもらってください。見積もりしてもらうことでより「パッケージ型喫煙ブースは屋内タイプのほうが安い」といったこともわかってくることでしょう。見積もりも相見積もりなどをしてもらうようにすると、よりよい判断が下せるようになるはずです。

 

パッケージ型喫煙ブースを取り入れる際には屋外タイプと屋内タイプの相違点を理解しておいてください。それぞれでコストや設置の仕方なども変わってきてしまいます。

また、それぞれで利用感も異なりますし、火災対策も変わってきます。だからこそこれからパッケージ型喫煙ブースを取り入れる際には十分に比較しておいてください。

業者によってはどちらのタイプも提供しているところがありますし、それぞれ一方のタイプしか取り入れていないところもあります。もしも困ってしまったらまずは連絡してどのようなパッケージ型喫煙ブースがあるのか聞いておくべきです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧