【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

喫煙スペースとパッケージ型の喫煙ブースの違いとは?

公開日:2019/04/26  最終更新日:2019/08/21

パッケージ型喫煙ブースは大変注目されているサービスです。

こうしたパッケージタイプの喫煙ブースを取り入れれば実に分煙も簡単に済むようになってきます。

しかし、通常タイプの喫煙所とは違う点もあるのでこれからパッケージタイプの喫煙ブースを取り入れる際には気をつけておきたいところでしょう。

 

通常の喫煙スペースとの違い

パッケージタイプの喫煙ブースは通常の喫煙スペースとは違いも多いです。例えば、通常の喫煙スペースはかなり移動しにくいものがあります。

このため、店舗の移転などをする際には困ることもあるでしょう。しかし、パッケージ型喫煙ブースであればこうした移動は簡単にできます。

パッケージ型喫煙ブースはコンパクトに解体してトラックに詰め込んで移動するといったことも容易になってきます。だからこそ頻繁に店舗を移動するといった際にもパッケージタイプの喫煙ブースを活用すると良いでしょう。

更に通常の喫煙スペースは換気能力がかなり欠けています。通常の喫煙スペースによっては単に灰皿を置いただけで換気などにも全く考慮されていないことがあります。

こうした通常の喫煙スペースでは受動喫煙のリスクもより高くなってくるので気をつけておきましょう。一方、パッケージ型喫煙ブースであれば受動喫煙の影響もより少ないのです。

パッケージ型喫煙ブースはしっかりと他のスペースと隔離されていてかなりしっかりと受動喫煙を防げます。加えて換気能力も高いので煙でこもるといったこともありません。

だからこそ煙などで困っているといった際には是非ともパッケージタイプの喫煙ブースを利用すると良いでしょう。更に通常の喫煙スペースはベランダなどに設置されることも多いのですが、こうしたスペースを喫煙者に専有されるといった問題もあります。

「ベランダは喫煙者用のスペース」と認識されてしまって通常の人がベランダなどにアクセスできなくなることも。これによって喫煙者と非喫煙者の間でいざこざが生じることもあるのです。

また、よくあることですが、喫煙者は喫煙者だけで仲良くなってしまって派閥がオフィスにできることもあるでしょう。このようなこともパッケージ型喫煙ブースを導入してみれば防げます。

パッケージタイプの喫煙ブースによってしっかりと喫煙者用のスペースが保たれますし、ベランダなども通常の人に開放できます。これによって余計ないざこざなども発生することがなくなってくるのです。

 

プライベートな空間でもあるパッケージ

パッケージタイプの喫煙ブースはより通常の喫煙スペースよりもプライベートな感じも強いです。これは人によってはかなり重視することもあるでしょう。

パッケージタイプの喫煙ブースであればより落ち着けることもあってより気楽に喫煙することができます。通常の喫煙スペースだとなんのしきりもなくて通常の人が来た際に煙を気にしないといけないこともありますが、パッケージタイプの喫煙ブースであればそんな心配もないのです。

だからこそオフィスに大量に喫煙者がいるといった際にも導入しておくことをおすすめします。更にパッケージタイプの喫煙ブースはかなり受動喫煙防止効果が高いです。

通常の喫煙スペースだとなんの仕切りもなくて受動喫煙の危険性が高いことがあります。通常の喫煙スペースは受動喫煙していないように思えて実は目に見えない煙で受動喫煙になっているなんてこともあります。

一方、パッケージタイプの喫煙ブースであれば完全に隔離されているものもあるので受動喫煙の心配も少ないのです。だからこそパッケージタイプの喫煙ブースは受動喫煙を防いでスタッフの健康を守りたい際にもおすすめします。

他にもパッケージタイプの喫煙ブースを取り入れることによってオフィスの効率が上がることも。屋外タイプの喫煙スペースの場合、外に設けられていることが多くてわざわざ外にいかないと吸えないなんてことがあります。

これによってオフィスと通常の喫煙スペース間の移動時間が無駄になります。パッケージタイプの喫煙ブースであれば室内に取り入れることもできるので余計な移動時間なども少なくなってきます。

だからこそより効率的にオフィスを切り回したい際にもパッケージタイプの喫煙ブースを用いておくことはおすすめです。パッケージタイプの喫煙ブースによって壁が汚れることなども防げます。

タバコの煙で壁が汚くなることはけっこう多いもの。これによって壁の塗り直しが必要になったりすることもありますし、思わぬトラブルも生じます。この点でもパッケージタイプの喫煙ブースであればこんなこともありませんからおすすめです。

 

他のポイントについても紹介

パッケージタイプの喫煙ブースは大変満足度が高いことも利点でしょう。通常の喫煙スペースだとどうしても換気能力などで劣ってしまってあまり利用感が良くないことがあります。

一方、パッケージタイプの喫煙ブースであれば実に満足度が高くなってきます。これによってオフィスの満足度事態も上がってくるのです。だからこそスタッフにより良く働いてもらうためにもしっかりとパッケージタイプの喫煙ブースを取り入れておくと良いでしょう。

通常の喫煙スペースとパッケージタイプの喫煙ブースは維持管理費も違ってきます。パッケージタイプの喫煙ブースは維持管理費としてフィルター交換費用などがかかってきますが、ベランダなどに簡易的に設置している通常の喫煙スペースであればこうした費用が全くかからないこともあります。

とはいえ、紹介したように通常の喫煙スペースはデメリットが多いので気をつけておきたいところです。少し安いからと行ってけちって通常の喫煙スペースでなんとかしていると問題が発生してしまって困るといったこともあるのです。

このようにいろいろな点でパッケージタイプの喫煙ブースと通常の喫煙スペースは違ってきます。どちらを導入したらよいかはケース・バイ・ケースですが、やはり喫煙者が数人以上いるようならばパッケージタイプの喫煙ブースを取り入れると良いでしょう。

これによって受動喫煙もかなり防げます。また、パッケージタイプの喫煙ブースの良さをより知るためにもまずはパッケージタイプの喫煙ブース業者に行って実物を見てみることをおすすめしておきます。

実物に勝るものはありませんから、まずは見学してパッケージタイプの喫煙ブースの良さをより体験しておくことをおすすめしておきます。

 

これからパッケージタイプの喫煙ブースを取り入れる際に知っておきたいのが通常の喫煙スペースとの違いです。通常の喫煙スペースとの違いとしてパッケージタイプの喫煙ブースならではの換気能力の強さなどがあります。

他にも通常の喫煙スペースはベランダなどの空間を専有してしまうこともあるのです。パッケージタイプの喫煙ブースを取り入れればそんなこともありませんし、パッケージタイプの喫煙ブースによってより満足度も高まってきます。

なんといっても受動喫煙の危険性が大きく減ってくるのでもしも受動喫煙で悩んでいるといった際には必ずパッケージタイプの喫煙ブースを導入して対策しておいてください。

また、パッケージタイプの喫煙ブースはコストがかかりますが、それだけの価値はパッケージタイプの喫煙ブースには確かにあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
記事一覧