【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型の喫煙ブースの導入にどのようなメリットがある?デメリットは?

公開日:2019/04/26  最終更新日:2019/08/21

今後ますます受動喫煙に対して厳しくなる中で、いかに分煙対策することができるかが課題となります。そこで役立つのがパッケージ型喫煙ブースです。

利用することでたくさんのメリットがありますが、逆に導入することのデメリットはないのでしょうか。ここではどのようなメリットとデメリットがあるのか詳しく紹介します。

 

全面施行に向けて強化しなければいけない分煙対策

現在多くのレストランや公共の場で禁煙になっているところが増えていますが、受動喫煙対策法が成立し2020年の全面施工に向けて、より一層強化されることは間違いありません。もし全面施工されれば、これまで以上にたばこを吸う場所が限られ、喫煙者にとっては負担が大きくなるのではないでしょうか。

しかしたばこの煙には有害な物質が多く含まれており、その煙で非喫煙者が影響を受けてしまう場合もあります。たばこを吸わない非喫煙者にとってはたばこの臭いや煙は不快なものであり少しでも副流煙のリスクを軽減したいと考えている人も多くいるでしょう。

受動喫煙法では望まない受動喫煙を少しでも防止するために一般の住宅やホテルや旅館などの客室を除いたそのほか全ての施設や公共の交通機関が対象となり、その対策を行わなければいけませ。このように今後ますますたばこの吸い方について考えなければいけなくなるでしょう。

たばこは体に有害なものではありますが、吸うことでストレス解消することができたり、リラックスすることができるという人も中にはいます。そのため、吸うこと自体がいけないという訳ではなく、吸わない人に害を及ばさないよう配慮した吸い方が大切になってきます。

そこで注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。パッケージ型喫煙ブースはたばこを吸うための専用の個室であり、喫煙者と非喫煙者の空間を分けることができるので大変おすすめです。

導入するためには導入費用や施工費が掛かってしまいますが、受動喫煙のリスクを軽減するために大変おすすめです。たばこから出る有害物質は人体に影響を及ぼしますが特に体の小さな子供や病気を持っている人などに悪影響です。

自分でも知らず知らずの内に他の人に迷惑を掛けてしまっている場合もあるため、きちんとたばこを吸う際は配慮しなければいけません。近年喫煙対策されている場所が増加傾向にあり、これまで通り自由にたばこを吸うことができなくなってきました。

そのため、いかに喫煙者と非喫煙者の空間を分けることができるかが大切になってくるでしょう。会社やレストランなど今後その対策の強化を図るためさまざまな工夫が必要となります。全面施行が目前に迫り、もう一度たばこの吸い方について考える必要があるでしょう。

 

導入する際のメリットとデメリット

そこでパッケージ型喫煙ブースが大変役立つのですが、導入するにあたり一体どのようなものなのか詳しく分からないという人もいるのではないでしょうか。そこでいくつか導入することのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

まずメリットですが、喫煙場所をしっかり確保することができ、受動喫煙から非喫煙者を守ることができるというメリットがあります。喫煙所を別に設けていた場合でもそこで出た煙が非喫煙者の元に流れてしまうという場合があります。

それではせっかく喫煙所を設けても意味がありません。パッケージ型喫煙ブースはその中で喫煙することができ、たばこの煙や有害物質をきちんとブース内で処理することができるので安心して利用することができるでしょう。

また、使用する人数や場所に合わせてさまざまな大きさのものを選ぶことができます。コンパクトなものもあるので予算に合わせて選びやすいというメリットもあるでしょう。

では逆にデメリットはどのようなことでしょうか。デメリットとしては導入するためには費用が掛かってしまいます。コンパクトなものであっても百万円以上しますし、大型のパッケージ型喫煙ブースであれば数百万してしまう場合もあるでしょう。

やはり使用する人数が多ければそれなりの大きさのものを導入しなければいけなくなってしまうため、それに合わせて予算を取る必要が出てきます。また、場所を確保する必要があるため屋内に設置した場合部屋が狭くなってしまう場合もあるでしょう。

しかしパッケージ型喫煙ブースは購入する場合ある程度まとまったお金が必要になりますが、レンタルやリースを行っている会社も多く、それらを利用することで初期費用を抑えることができ、少ない価格で導入することができるでしょう。

また、導入する場合屋内だけでなく屋外にも設置することができるので、室内が狭くなってしまう場合は屋外への導入も検討してみましょう。野外に導入する場合であっても分煙対策は必要であり、換気システムが優れているものなどさまざまなものがあるので、色々ブースを比べてみましょう。

 

喫煙者と非喫煙者のより良い環境づくりのために

たばこには多くの有害物質が存在します。その副流煙の影響をより受けてしまうのは体の弱い人などです。また、体が弱くなくてもその影響を受けてしまう場合もあるため、きちんと副流煙を防止し、空間の分離を行うことが大切になってくるでしょう。

日本は実は分煙対策が遅れている国ではあり世界的にみるとその対策はかなり進歩しています。オリンピックが2020年に開催されますがそこで多くの国の人が日本に訪れる訳です。

そこに向けて今後さらに分煙対策が段階的に進み、空気のきれいな副流煙の少ない空間づくりに力を入れていくことになるでしょう。パッケージ型喫煙ブースはそんな空間づくりに一役買ってくれる優れたブースです。導入することですぐに分煙対策ができるので現在たくさんのお店で導入されています。

屋内で喫煙が禁止だからといって外で吸えば周りの人に煙の影響が出てしまう恐れがあります。そのリスクを減らす上でもとても役立つものでしょう。今後たくさんの場所で分煙対策が強化されることとなりますが、改めてたばこの吸い方について考えなければいけません。

他の人に迷惑が掛かるような吸い方をしてしまえば知らず知らずの内に相手の健康を害してしまっている場合もあるでしょう。受動喫煙対策法は受動喫煙のリスクを少しでも軽減するためのものであり、それに反してしまえば罰則も科されてしまいます。

しかし分煙対策をするにしてもさまざまな設備を導入するためにはコストが掛かってしまうでしょう。そこで厚生労働省では受動喫煙防止対策助成金など設けて条件を満たしていれば助成金を出す制度も設けています。

助成金を利用することで少しでも導入するための費用の負担を少なくすることができるので、利用対象であるかどうか事前に確認してみましょう。誰もが安心して暮らすためにはお互いが配慮し合うことが大切になってきます。今後さらに厳しくなるたばこの吸い方に対して上手に対策を行いましょう。

 

たばこを吸う人にとって吸う場所が制限されることは辛いものではないでしょうか。しかし受動喫煙のリスクを考えればやむを得ないことではないでしょうか。

受動喫煙法が成立し2020年の全面施工に向けてより一層喫煙に対するルールが厳しくなるでしょう。そこで役立つのがパッケージ型喫煙ブースです。利用することでしっかり分煙対策することができ、受動喫煙から人々を守ることができます。

導入するためには費用が掛かってしまいますが、レンタルなど利用したり助成金も条件によって利用することができるので、上手に利用しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧