【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブースには換気設備がなければならない?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/26

パッケージ型喫煙ブースを取り入れる際に気になるのが換気設備についてです。

換気設備はかなり強力なのがパッケージ型喫煙ブースの特徴ですが、一体どのような換気設備があるのでしょうか。

また、換気設備の基準などはあるのでしょうか。

 

換気設備の基準について

換気能力の決まりについて知ればよりよいパッケージ型喫煙ブースが選べます。とはいえ、法律で「これくらいの換気能力がないといけない」という決まりはありません

このため、基本的にはどんなパッケージ型喫煙ブースを選んでもよいことになります。実際、パッケージ型喫煙ブースによっては全く換気扇がない場合や窓の開け締めで換気をおこなっているものもあります。

こうした製品は安くて良いものですが、やはり換気扇がないとかなり換気能力が落ちるのでおすすめできません。また、法律で決まっていなくとも条例で換気能力について決められていることがあります。

これは受動喫煙防止条例などと関わってくることです。これによってオフィスサイズによっては一定の換気能力があるパッケージ型喫煙ブースでないといけないなんてこともあるのです。

だからこそこれから取り入れる際には住んでいる地域の条例に従っておくことが大事でしょう。せっかく取り入れたのに条例に反していて再度導入するなんてことになるとかなりがっかりです。

特に都市部の自治体の条例はこうした基準が厳しいことがあるので気をつけておきましょう。さらに法律や条例外の決まりにも気をつけておきましょう。例えば、現在利用しているビルの基準です。

ビルによっては喫煙者がいるといった際には一定の換気能力以上のパッケージ型喫煙ブースを取り入れないといけないことがあります。こうした規約もビルのテナントを借りる際には理解しておいてください。もしもこうした基準を満たせないと罰せられたりテナントか退去を命じられることがあります。

更に会社独自の基準があることもあるでしょう。例えば、会社によってはかなり基準が厳しくてしっかりと換気能力があるパッケージ型喫煙ブースを導入する必要性があることも。このようにいろいろな制限があるからこそしっかりと調べておく必要性があります。

また、こうした基準は改定されることがあります。実際、ますます受動喫煙防止条例などは厳しくなっているので今後は更に強力な換気能力のあるパッケージ型喫煙ブースが求められることもあるでしょう。このあたりの事情も業者と話し合っておきたいところでしょう。

 

基準がある理由

こうした基準があると面倒に感じるかもしれません。しかし、基準があることによって受動喫煙も防止できます。受動喫煙はかなり悪影響なものですからしっかりと受動喫煙防止条例などに従っておくことが大事です。

基準がないとそもそもどのような換気能力があるパッケージ型喫煙ブースを取り入れればわかりませんが、基準があることによって「このパッケージ型喫煙ブースならば良いだろう」と目星もつくのです。

また、基準は喫煙者を守るためでもあります。実際、受動喫煙のリスクが最もあるのは喫煙者地震なのです。もしもかなり狭くて換気能力も少ないパッケージ型喫煙ブースを利用することを考えてみてください。

こうしたパッケージ型喫煙ブースを利用することによって受動喫煙してしまって思わぬトラブルになることもあるでしょう。だからこそしっかりとした基準を守ったパッケージ型喫煙ブースを取り入れることがおすすめなのです。

業者に聞けば基準にあったものを提供してくれるのでまずは聞いてみると良いでしょう。ちなみにパッケージ型喫煙ブース業者の独自企画もあります。こうした規格に合致したパッケージ型喫煙ブースであればより安心できますからおすすめできることでしょう。

特にこれからどういったパッケージ型喫煙ブースを選べばよいかわからないという際には参考にしてみると良いでしょう。

 

実は他のポイントもある

こうした基準についても気をつけておきたいところですが、換気能力は単に基準に合致しているだけでは不十分です。しっかりと自分のめで見て本当に十分な換気能力があるかは確かめておいてください。

確認をしないと「基準に合致しているから大丈夫だろう」と購入したパッケージ型喫煙ブースが使いにくいなんてこともあります。やはり利用者が増えることも考慮してなるべく換気能力が強力なものを選んでおくと良いでしょう。

加えて、換気能力が拡張できるようなパッケージ型喫煙ブースもあります。こうしたパッケージ型喫煙ブースであれば簡単に換気扇を追加で取り付けられて更に換気能力が高まるものがあるのです。

また、収容人員なども考慮しておいてください。やはり収容人員が多いと換気能力もそれに応じて高いことが多いです。収容人員が多ければそれだけゆったりとしたパッケージ型喫煙ブースになります。

もしも換気能力で困ったらできるだけ大きなパッケージ型喫煙ブースを選んで見るのもありでしょう。更に選ぶ際には防火基準などもチェックしておいてください。

実際、パッケージ型喫煙ブースは火事になりやすいです。吸い殻で家事になることもありますし、隔離環境なのでそれだけ火事が発生してもわかりにくいのです。

だからこそスプリンクラーがついているといったものもおすすめですし、他にもパッケージ型喫煙ブースによってはもえない素材でできているものもあります。逆に防火基準が低いようなパッケージ型喫煙ブースはやっぱり使っていて心配なものがあるのでおすすめできません。

ちなみに換気能力が高いと壁の汚れなども防止できます。だからこそ受動喫煙防止のためだけでなく壁の汚れなどを少なくするためにも換気能力が高い製品を導入すると良いでしょう。

実際、レンタルオフィスなどの場合には煙で壁を汚すと賠償金が発生することがあります。これによって余計なコストが生じることがあるので最初からパッケージ型喫煙ブースを導入して余計なトラブルが発生しないようにしておきましょう。確かにパッケージ型喫煙ブースはお金がかかりますが、それだけの効果は確かにあるのです。

 

パッケージ型喫煙ブースを選ぶ際には換気能力がある製品を選びましょう。パッケージ型喫煙ブースには基準が設けられていることもあります。

例えば、住んでいるところの受動喫煙防止条例などをチェックしておいてください。これ以外にも会社独自の決まりがあるといったことも。こうした基準は吸う人だけでなくいろいろな人を守るためにあるのです。

だからこそしっかりとした基準に合致しているパッケージ型喫煙ブースを選んでおくことをおすすめしておきます。もしも悩んだらまずは業者の話しを聞いておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧