【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

リース形式でパッケージ型喫煙ブースを導入できる?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/26

パッケージ型喫煙ブースをこれから取り入れる際にはリース形式のパッケージ型喫煙ブースを取り入れてみるのも良いでしょう。

リース形式であればいろいろなメリットも得られます。

なんといってもリースであれば大変安く取り入れることができるのも利点でしょう。

このため、コストを抑えたい際には検討しておいてください。

 

リース形式の利点についても知っておきたい

リース形式のパッケージ型喫煙ブースは、利点も多いものです。例えば、パッケージ型喫煙ブースはなんといっても初期コストがかかりにくいです。

購入するとなると数十万円単位でコストが生じてきますが、リース形式であれば初期コストも契約料だけで済ませられることも。契約料もせいぜい数万円程度で済むという、格安パッケージ型喫煙ブース業者もあります。だからこそコストを気にするならば、パッケージ型喫煙ブースはリース形式のものを導入すると良いでしょう。

更に、パッケージ型喫煙ブースをリースすることによってお試しする際にもお得です。ブースをリースすれば、その使い心地も確かめることができるのです。これによってパッケージ型喫煙ブースが気に入ったらリースをやめて購入することもおすすめでしょう。

また、オフィスを定期的に移転しているといった際にもリースならばお得です。リースならばオフィス移転ごとに契約解除してコストダウンができます。これもリース形式のパッケージ型喫煙ブースならではの利点になってきます。

更にはリースすることによって、フィルターなどもついてくることがあります。フィルターなどを定期的に交換する必要性があるものもありますし、換気扇などのメンテナンスもしないといけません。リース形式のパッケージ型喫煙ブースによってはこうしたフィルターなども無料で手に入ることがあるのです。

だからこそ余計な面倒をかけずに維持ができて良いでしょう。このようにパッケージ型喫煙ブースはリースすることもおすすめです。特に価格が安くなってくるのは最大の魅力かもしれません。もしもこれからパッケージ型喫煙ブースを検討しているならばリース形式を見ておいてください。

 

リース形式ならではの注意点について

パッケージ型喫煙ブースをリースする際には、そのデメリットも知っておくと総合的に判断できるでしょう。例えば、リース形式のパッケージ型喫煙ブースは月額料金がかなりかかることがあります。

月額料金は借りている間発生するので、積み重なると思わぬコストになることも。このため、もしも一年以上利用する予定ならばリース形式よりもやはり自分で購入したほうがよいこともあります。

月額料金以外にもリース形式の場合は、フィルター代金やメンテナンス代金などがかかることもあります。キャンセルしたい際にはキャンセル料金などがかかることもあります。だからこそこれからリース形式を依頼する際にはしっかりと見積もりもしてもらって納得してから利用すると良いでしょう。

他にもパッケージ型喫煙ブースをリースする際には基本的に中古品になります。中古のパッケージ型喫煙ブースは壁が汚れていたり使用感があったりしてあまり気持ちよくないことも。それだけ安いので仕方ないですが、どのようなパッケージ型喫煙ブースが来るかもわからないのも難点かもしれません。

更にパッケージ型喫煙ブースをリースすると壊した際に保証金などを取られることがあります。パッケージ型喫煙ブースも決して安くなく設備を壊すなどすると大変です。例えば、タバコを落として床をこがしてしまったり、過度に使って換気扇を壊すと保証金が取られることがあります。このため、リースしている際の利用法についても気をつけておきたいところでしょう。

 

リース形式の製品を利用する際のポイント

これから実際にリース形式のパッケージ型喫煙ブースを利用したいならば、まずは話しを聞きにいってみると良いでしょう。リース形式のパッケージ型喫煙ブースにもいろいろな商品があるのでお店に行ってカタログを見せてもらいましょう。

この時点で気に入らなかったらそこでキャンセルしても全く問題ありません。また、リースする際には契約書をしっかりと確認しましょう。契約内容によっては管理保証料などが高いこともあります。

他にキャンセル料金が発生するといったこともあるのです。だからこそ契約時には見積もりもいろいろな会社にしてもらうことがおすすめです。更に導入工事費用などもあります。

導入工事費用は様々ですが、かなり高いこともあるのでこれもリース料金とともにチェックしておいてください。このようにリース形式のパッケージ型喫煙ブースを利用したい際には注意点も多いものですが、本当にリース形式が合っているのかはチェックしておいてください。場合によってはやはり購入したほうがよいこともあります。こうした計算も業者にお願いすればしてもらえるので是非ともしてもらうと良いでしょう。

また、リース期間もポイントです。長期プランを利用することによってかなり安くなるもののそれだけキャンセル料金などがかかることがあります。このため、最初は月額契約プランを利用してお試ししておくと良いでしょう。もしも気にいるようだったら年契約するなどしても構いません。

またリース料金も時期に寄って変わるといったこともあるので、この点についても気をつけておきたいところです。最後にリースする際には適切な商品を選びましょう。

あまりにも大きいパッケージ型喫煙ブースを選んでも仕方ありません。やはり適切なサイズを選ぶことによってうまく使っていくことができるとともにコスト削減にもなってきます。こうした点もチェックしておいてください。

 

もしもパッケージ型喫煙ブースを利用したいならばリース形式を選んで見るのも良いでしょう。リース形式ならばかなり安いこともありますし、利用しやすいことも利点になっています。リース形式を選ぶことによってかなりいろいろな商品が選べることもあります。

とはいえ、リース形式製品は中古品で汚いこともあるので気をつけておきたいところです。他に思わぬ工事費用などの費用がかかってくることもありますし、壊した際には保証料がかかることもあるので気をつけておきたいところ。

実際にパッケージ型喫煙ブースを利用する際にはしっかりと話し合っておきたいところでしょう。また契約書の内容もチェックしておいてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧