【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブース設置後のメンテナンスの頻度について

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/08


パッケージ型喫煙ブースは、すでに作られた喫煙ブースを持ってくる事により喫煙スペースを設置する事ができる商品です。パッケージ型喫煙ブースのメリットは、すぐに設置する事ができるという事であり、また撤去も容易に行う事ができます。このため、喫煙ブースを改めて作るよりも手軽に行うことができますが、喫煙ブースではメンテナンスが必要です。

喫煙ブースを作らなければならない理由

2020年の東京オリンピックに向けて、受動喫煙対策法が作られ、2020年4月に全面施行が行われることになっています。すでに法律により部分的な施行が行われており、そこにタバコを吸える場所を制限することが盛り込まれ、周囲に対して受動喫煙を防ぐためにタバコを吸う人が多い場所では、喫煙ブースを設置するようになっているものです。現在では、公共施設や公共交通機関での全面禁煙が行われていますし、喫煙できる場所も制限されるようになっています。

一方で2020年には全面施行により、原則として屋内の喫煙は禁じられるようになるものです。屋内の喫煙ブースは国の定める基準を満たす必要があり、これによって簡易的なものでは対応できなくなります。このため、本格的な設備を持ったものを作る必要がありますが、それらを作るためには相応の費用が必要です。

また、どのようなものであっても、国の定める基準を満たすためには定期的なメンテナンスは欠かせません。この点でパッケージ型喫煙ブースは導入するのにメリットが多いものです。

喫煙ブースの種類と能力について

喫煙ブースといえば、一般的には喫煙室とも呼ばれるもので、特定の部屋を使用したものが一般的でした。この場合には換気設備をより強力なものにすることで部屋全体を換気させるというものですが、実際には単に部屋を喫煙室と指定しただけのようなものや、換気性能が劣るもの、それに適切なフィルターを使わないので単に排気するだけのものといったもので、現在の受動喫煙対策法に適合しないものもあります。

ただ喫煙室は適切なものであれば十分に受動喫煙対策法に適合することができますし、ある程度の広さが確保できるものです。

一方でパッケージ型喫煙ブースの場合には、部屋の中に部屋を作るというもので、確保できる広さが制限されますが、メリットとしてフィルターを使って有害物質や臭いを除去して室内に排気することになります。また大きさに合わせて換気能力が定められているので部屋をまるごと喫煙室とするよりも効率的です。以前は単なる間仕切りをしただけの簡易的なものでデザインも今ひとつでしたが、受動喫煙対策法により需要が増え、スタイリッシュなパッケージ型喫煙ブースが登場しています。

パッケージ型喫煙ブースの種類は

パッケージ型喫煙ブースの最大の特徴は、汚れた空気を屋外に排気するのではなくフィルターによって浄化させた上で室内に排気します。このためダクトを接続する工事が不要であり、電源さえあれば室内のどこにでも設置することができますし、また屋外に設置できるタイプもあるものです。

一方でさまざまなメーカーが参入しており、多くの種類が発売されています。見た目の良さや費用などが選ぶ時のポイントになりがちですが、実際にはメンテナンスの頻度なども重要で、それらの要素を決めるのが、フィルターの能力です。フィルターでも従来のようなものではなく撥水・撥油効果の高い素材を使っているものであれば、汚れの程度を軽減することができますし、吸着するための静電力が落ちにくいものであれば交換サイクルを長くすることができます。

また臭いはフィルターで取り除くことが難しいものですから、プラズマ脱臭機を採用しているものであれば、臭いの原因のほかフィルターで対処することができなかった有害物質も取り除くことができるものです。これら性能を見て、選ぶ必要があります。

パッケージ型喫煙ブースを導入するためのコスト

パッケージ型喫煙ブースを導入する方法は、ひとつは購入して設置する方法とレンタルで借りる方法があります。どちらにもメリットとデメリットがあり、購入した場合には一度に多額の費用が発生することです。またメンテナンスも手配しなければなりません。長期間の運用で、また使用頻度が高いようなケースでは購入した方が費用は安くなります。

購入では少人数対応のものは100万円以下で導入することができますが、大型のものになると150万円をこえてきます。本体価格以外にも工事費用なども掛かりますので、導入するには最低でも100万円程度のコストがかかるものです。

一方でレンタルの場合には、購入とは異なり月々の費用は10万円前後で利用することができますし、ある程度の大きさのものでも20万円程度で導入することができます。月々の費用からすれば購入するよりも高いような印象を受けますが、適切に機能させるためにはメンテナンスが不可欠です。その点でレンタルではメンテナンス費用が含まれているので、結果的には適切な状態で喫煙ブースを喫煙者に提供することができます。

メンテナンスの頻度も選ぶ時のポイント

パッケージ型喫煙ブースを選ぶ時のポイントにメンテナンス頻度があります。メンテナンスでは清掃やフィルターの交換、また適切に機器が作動しているかの確認などがあり、頻度が高いほどそれだけコストがかかるものです。

省エネタイプでは、人感センサーを採用することでブース内に人が入った時のみ作動させることで電気代を節約するほか換気設備の稼働時間を短くすることで、フィルターの汚れの程度を軽減させることができます。このためメンテナンス時の消耗品交換の頻度を少なくすることが可能です。またフィルターも撥水・撥油効果の高いものであれば、それだけ汚れの付着を防ぎ長く利用ができます。

パッケージ型喫煙ブースの中には、メンテナンスやアフターサービスがセットになって販売されているものもあり、その場合には一定期間は無料でメンテナンスを行ってくれますし、故障した時の対応や費用でも変わってくるものです。本体の価格以外にも消耗品の値段も重要で、ランニングコストを含めてパッケージ型喫煙ブースを選ぶ必要があります。

設置も撤去も容易に行えるメリット

パッケージ型喫煙ブースの最大のメリットは、設置が容易に出来ることで同時に撤去も簡単に行えることです。パッケージ型では壁や床、天井などが規格通りに作られ簡単にブースを作ることができます。

また高性能な空気清浄機を使うことにより、それまでの喫煙室とは異なって排気ダクトの設置なども不要です。このため、電源があればどこにでも設置することができます。それに有害物質や煙を浄化したあとに排気されるのでタバコによる部屋の汚れを付着させなくて済むので、周囲をきれいな状態に保つことが可能です。

一方で、撤去するのも簡単に行えるもので、短期間だけ設置するといった面でも強みがあるものです。それとレンタルを利用すれば費用を抑えて、ごく短期間だけ喫煙ブースを作ることができますから、数日だけ利用するといったイベントなどに使うこともできます。この点でもパッケージ型喫煙ブースにはメリットがあり、受動喫煙対策法に定められた副流煙対策を適切に行うことができ、タバコを吸わない人の健康を守ることができるものです。

 

パッケージ型喫煙ブースは設置が容易で短時間で作ることができるほか、撤去も簡単に行えます。また電源があればどこでも設置できるものです。一方で長期間の設置を前提としている場合には、メンテナンス頻度について考慮しておく必要があります。メンテナンス頻度によって、ランニングコストが変わってくるものです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧