【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブース設置後のアフターサービスは受けられる?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/24

喫煙に関して2020年から法律改正しており、喫煙ブースでなければ、タバコを吸うことができなくなりました。そこで最近注目され始めているのはパッケージ型喫煙ブースで、比較的安くしかも強力に副流煙を防ぐことが可能になります。このときに点検等も必要ですが、その頻度や内容はどのようになっているでしょうか。

パッケージ型禁煙ブースの仕組みとアフターサービス

タバコの煙は、タバコを吸っている本人が吸い込むのは当たり前ですが、本人が吸い込む煙の多くは、フィルターを通してのものです。フィルターは、タバコを1本吸うと茶色っぽくなりますが、それだけタバコのニコチンやタールなどがフィルターについていることを意味しています。

違う見方をすれば、タバコの煙にはたくさんのニコチンやタールが含まれており、体に悪いことが理解できるでしょう。吸っている本人は、フィルターを通しているためそこまでタオルやニコチンの外はありませんが、タバコの先端から出る煙は、フィルターを通していないため、身体に悪い影響を及ぼす可能性が高くなっています。このような場合には、副流煙になる可能性が出てくるでしょう。

副流煙の影響はさまざまですが、子供であれば喘息などになる可能性も高まります。大人も喘息や気管支炎などになることが考えられるだけでなく、副流煙によって肺炎になった人あるいは肺がんになった人などもいる位です。

そこで、喫煙する場所でも、可能な限り副流煙が出ないような仕組みを整えなければならないことになるわけですが、そのうちの1つがパッケージ型喫煙ブースと呼ばれるものです。パッケージ型喫煙ブースは、従来の喫煙所を進化させたもので、入り口のドアが開いたとき以外は、外と中の空気は完全にシャットダウンされた状態といえます。

このパッケージ型喫煙ブースの中心部分には、強力な機械が置かれており吸い込む力が強いだけでなく、フィルターも付いているため室内の煙をかなり高い確率でシャットダウンすることができるでしょう。

それに加えて、外に出て行く煙をシャットダウンするために、エアーカーテンと呼ばれる仕組みを採用しています。扉が開くとき上から下に向かって強烈な空気が出ることで、ブースの外にいる人に煙が行かないようにしています。結果的に、副流煙を防ぐことに成功しているわけです。

ただ、機械のメンテナンスやフィルターの交換などを定期的におこなわなければ、この効果も不十分と言えるでしょう。つまり、業者も機械を設置しただけでなくどの程度点検をしてくれるのかそして、本当にアフターメンテナンスをしてくれるのかが重要になります。

基本的に点検に関しては、定期的におこなってくれるところが多いでしょう。特に、高いお金を支払ってパッケージ型喫煙ブースを導入した場合には、毎月1度位の割合で点検をおこなってくれることが多いでしょう。

アフターサービスで重要なことは何か

パッケージ型禁煙ブースを利用するときに、アフターサービスをしてくれる業者が多いですが、初期費用があまりにも安いところや、毎月の費用があまり変わっていないところはアフターサービスがない可能性もあります。

そのため、契約前の段階では、のちのサービスのことはあまり頭に入らないかもしれませんが、契約して数年が経過した後は、やはりアフターサービスがあったほうが良かったと考えるでしょう。

もしこのサービスを利用しない仕組みの所と契約をする場合には、基本的に点検等は全部実費でおこなわなければいけません。長期的に利用する場合であれば、初期費用や毎月の支払い分が安かったとしても、結局点検やパーツの交換等で自分にお金がかかってしまうことがあります。そのため、長期的に利用する場合にはアフターサービスが充実したところを選ぶことが重要になるでしょう。

アフターサービスの中で重要になることは、しっかりと機械が機能しているかを確認することです。もともと、パッケージ型喫煙ブースを採用されている背景には、副流煙の問題があるわけです。いかに副流煙を起こさないようにするかが最大の課題になっているわけですが、機械が正常に作動していない状態になると副流煙の問題が再び発生してしまいます。

そこで、どのような部分を充電的に点検してもらったほうが良いかと言えば、1つはフィルターになります。ある程度高性能のフィルターを利用していても、年月が経過するとそのフィルターを交換しなければいけません。交換しない状態が続くと、フィルターを入れていないのとあまり変わらないような状態になり、副流煙の可能性が出てくると言えるでしょう。

フィルター以外では、エアーカーテンついている場合には、この点検をしておく必要があります。エアーカーテンは、空気の壁を作ることにより人が出入りするとき室内のわずかな煙すら外に漏らさないようにする仕組みです。つまり、これがあることによって禁煙ブースの前周辺を通る人の副流煙を防ぐことに貢献しています。

しかしながら、エアーカーテンの動きが良くない場合はそもそも故障している場合には空気の壁を作ることができず従来の禁煙ブースとなんら変わりがなくなってしまいます。そのような意味において、半年に1度ないしは1年に1度はエアーカーテン調子を確認することが重要になります。

そもそも、エアーカーテンに関してはそれほど頻繁に交換する必要はなく、空気の力が弱くなっていないか、あるいは空気の出る方向に間違いがないかなどをチェックしておけば充分です。

忘れてはいけない基本的なこととは何か

契約をした後に受けられるサービスとして、基本的な内容も重要になります。どのようなものがあるかと言えば、ガラスの清掃です。

おしゃれなパッケージ型喫煙ブースは、ガラス張りになっているところです。外から中を見ることができるだけでなく、中から外を見ることができるため、中にいても閉塞感はありません。また、人と待ち合わせをする場合等のガラス越しから見えたほうが相手が来たときに反応しやすいと言えるでしょう。

しかしながら、ガラスはニコチンやタールで徐々に汚れていきます。色で言えば、茶色っぽくなるが黄色っぽくなる傾向があるでしょう。しかも、ホコリやドロの汚れを取るのと異なり、雑巾などで拭いてもなかなか落ちません。

このようなときには、専門の業者に来てもらい定期的に清掃してもらうことが必要です。業者のほうも、どのような道具を使ったらガラスがきれいになるか認識しているため、任せて安心と言えるでしょう。結果的に周りから見ても、ブースがきれいに見えます。

このように、直接副流煙とはあまり関係ないものでもサービスとして点検や清掃などをしてもらうことがとても重要になります。

 

パッケージ型禁煙ブースを利用する場合には、その業者のアフターサービスがあるかどうかを確認しておきたいところです。料金が安いところは、サービスがない可能性があります。

サービス内容としては、機械の点検や清掃そしてパーツが壊れたときの交換等です。機械の点検や清掃あるいは動作確認は、副流煙を防止するためにもとても重要なことになるでしょう。

これを実費でやるのはなかなか予算的にも厳しいことがありますが最初から点検パックなどに入っておけば安心できます。また、機械とは直接関係ない部分としてガラスの清掃なども重要になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧