【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型の喫煙ブースはレンタル可能?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/26

2020年の全面施工に向けて今後一層強化される受動喫煙対策法ですが、今後の取り組みとして分煙対策により力を入れなければいけません。

そのためには喫煙者と非喫煙者の空間をしっかりと分ける必要があるでしょう。

そこで注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。利用する際レンタルなどすることは可能なのでしょうか。

 

強まる受動喫煙に対するルールの徹底

国内でも受動喫煙対策法が成立し、2020年に向けて受動喫煙に対してより一層強化されることとなりました。受動喫煙対策法とは望まない受動喫煙を防止するためにその措置を各施設などでしっかり対策するという中身になっています。

この受動喫煙対策法が全面実施されるとたくさんの人が集まる施設などでは、基本的に屋内は全て禁煙となり、もしこれに反してしまうと罰則が科されてしまうなどこれまで以上に喫煙に対する厳しい内容となるでしょう。

たばこの煙には健康を害してしまう有害物質が含まれています。たばこから直接出る煙だけでなく、吸った本人が吐き出した煙の中にもその成分が含まれており、小さな子供や高齢者など体の弱い者に対してはより一層悪影響を及ぼしてしまう場合があるでしょう。

この受動喫煙に対しては世界的に問題視されていますが、日本はその対策が遅れがちになっています。そのため、2020年のオリンピック開催の年まではさらに今まで以上に受動喫煙に対するルールを厳しくするためにも受動喫煙対策法が成立し、今後より一層配慮することとなりました。

そのため、たくさんの人が集まる学校や病院などをはじめ行政機関など様々な場所でルールの徹底が成されるでしょう。また、職場でも受動喫煙に対する取り組みをおこなう必要があり、より一層受動喫煙に対する対策を強化する措置に努める必要があるでしょう。

このように、今後ますます喫煙者にとっては肩身の狭い思いをすることとなりますが、やはり健康被害を少しでも減らすためにはきちんと対策を取らなくてはいけないのではないでしょうか。

いかに受動喫煙に対して対策をすれば良いのかということが問題になってきますが、そこで注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。このパッケージ型喫煙ブースはダクトへの接続工事をすることなくフィルターを使用してたばこの臭いや有害物質を取り除くことができます。また、屋内と屋外どちらにも設置可能であり、その場に合ったサイズのブースを導入することができるので大変便利です。

2020年の全面施工に向けて今後ますます導入する会社などが増えていくのではないでしょうか。

 

少しでも初期費用を抑えるために

そんなパッケージ型喫煙ブースですが導入する場合は購入費用に加えて施工費用などコストが掛かってしまいます。規模が大きくなればなるほどその費用が多くなってしまうため、どのようなタイプのものを導入するのかしっかりと考えなければいけません。

購入する場合その費用は数十万円から数百万円掛かってしまうため、ある程度予算立てをしっかりおこなう必要があるでしょう。しかしやはり導入にはある程度初期投資が必要になってしまいます。なかなかそこまで一気にお金を出すことができないというところもあるかもしれません。

そこでパッケージ型喫煙ブースにはレンタルサービスをおこなっている販売業者もあるので、検討してみることをおすすめします。レンタルであれば月々費用が発生してしまいますが、購入するよりも初期投資を抑えることができます。また、最新のものでもレンタルであれば導入しやすくなっているので、費用を抑えたい人には大変おすすめです。

今後ますます強化しなければいけない受動喫煙に対するルールですが、罰則が科されるなどこれまで以上に職場などでも力を入れなくてはいけません。レンタルであれば設置後のフォローもしっかりおこなってもらうことができ、また購入する場合より5分の1程度の費用に抑えることができます。

そのため、今後ますますその需要が高まるのではないでしょうか。たばこの煙に含まれている有害物質はがんなどのリスクを高めてしまう恐れがあります。また、たばこを吸った時に直接吸い込む主流煙よりも吐き出した副流煙の方がより多くの有害物質が含まれているともいわれています。

そのことを考えると、知らず知らずの内に他の人にまで迷惑を掛けてしまっていることもあるため、しっかり副流煙を防止する対策をおこなわなければいけません。そうすることで喫煙者も非喫煙者も安心して暮らすことができる場所づくりをすることができるのではないでしょうか。

また、パッケージ型喫煙ブースは屋外にも設置することができますが、屋外であってもきちんと分煙対策をする必要があります。屋外でたばこを吸った場合でも、近くを通った人が副流煙を吸ってしまうことも考えられます。そのことから、屋外においてもしっかり対策する必要があるのではないでしょうか。

 

保守点検も行う販売業者を選ぼう

近年受動喫煙に対するルールがより一層厳しくなり、それに対する取り組みをおこなっているところが増えてきています。そのいため、喫煙者にとってはこれまで以上に吸う場所が限定されることになるのではないでしょうか。

ブースなどがなく、灰皿だけが屋外に置いてある場合や喫煙所がない施設もあります。そういったところであってもパッケージ型喫煙ブースを導入することで、喫煙者と非喫煙者の空間をしっかりと分離することができ、同じ部屋で快適に過ごすこともできるでしょう。

灰皿が外にある場合ではその場所まで移動する必要があるため、仕事などしている場合は非効率になってしまいます。わざわざ仕事の手を休めて外まで行き、たばこを吸う行動は時間のロスにもつながってしまうでしょう。

そんな時、もし事務所にパッケージ型喫煙ブースがあればわざわざ外まで行く時間的ロスをなくすことができ、効率よく仕事を回すことができるのではないでしょうか。また、副流煙に対する対策もしっかり行われているので安心してたばこを吸うことができるでしょう。

職場へのブースの導入を考えている人の中にはレンタルを検討している人も増えています。利用する人の人数に合わせて広さを選ぶことができますし、コンパクトなものも色々揃っているので、予算に合わせて選ぶことも可能でしょう。

また、脱臭機能もしっかり備わったものなどたばこの煙に対する対策もしっかりされている商品もたくさんあるのでまずは一度販売業者に相談することをおすすめします。

また、レンタルする場合保守点検をしっかりおこなってくれるか導入後のフォローもとても重要になります。各販売業者によっても内容が変わってくるので、しっかり事前に話を聞いておきましょう。

 

受動喫煙対策法の成立を受けて、今後さらにたばこの煙に対する対策をしっかりおこなう必要が出てきます。副流煙には人体に害が及ぶ有害物質が含まれています。

たばこを吸わない人であっても吸っている人の近くに行けば副流煙の被害に遭ってしまう場合もあるでしょう。そこで役立つのがパッケージ型喫煙ブースです。

導入することで喫煙者と非喫煙者の空間を分けることができ、お互いが快適な空間をつくることができます。また、導入する場合はレンタルすることも可能です。レンタルであれば初期費用を抑えることができるので導入を検討している人はぜひ、購入かレンタルか考えてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧