【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブースの収容人数はどれくらい?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/07

パッケージ型喫煙ブースは収容人員がかなり商品によって変わってきます。ものによっては10人以上収容できるようなかなり大きなタイプのものもありますし、一人しか使えない小さなパッケージ型喫煙ブースもあります。

こうした収容人数の違いも比較しておくとさらによい選択ができるようになってくることでしょう。

 

収容人員について

収容人員は多くても少なくてもよくありません。適切な収容人員のパッケージ型喫煙ブースを選ぶことが大事なのです。

収容人員が多すぎるパッケージ型喫煙ブースだとかなりコスト的にかかることもありますし、場所も取ります。また、大きすぎるパッケージ型喫煙ブースは暖房コストなどもかかってしまってよくありません。

逆に小さすぎるパッケージ型喫煙ブースだと狭くて使ってもらえないことがあります。小さいパッケージ型喫煙ブースは換気能力なども少ないです。

だからこそ適したパッケージ型喫煙ブースを選んでおきたいものですが、パッケージ型喫煙ブースの収容人員が10人以上あるようなものはかなり大型です。こうしたパッケージ型喫煙ブースは50人以上も従業員がいるようなオフィスでないと活用できないでしょう。

これだけ収容人員がいれば実に利用者数が多くとも対応できます。とはいえ、それだけ価格も高くなってくるもので収容人員が10人を超すと40万円近くになってくるパッケージ型喫煙ブースもあります。

また、大きなパッケージ型喫煙ブースはアメニティなども充実していることが多いです。イスなども備わっていて利用しやすいこともあります。

とはいえ、大きいパッケージ型喫煙ブースはそもそもオフィスによってはスペースがなくておけないこともあるので気をつけておきたいところです。10人以下のパッケージ型喫煙ブースはかなり使いやすいので主流ですが、収容人員も8人であったり、5人であったりとけっこう小さなパッケージ型喫煙ブースも分かれてきます。

こうした収容人数の違いによってコストがかなり変わるので気をつけておきたいところです。また、パッケージ型喫煙ブースによっては一人専用のものもあります。

これはパッケージ型喫煙ブースというよりも単身用喫煙ブースといって過言ではありません。こうしたパッケージ型喫煙ブースはどこでもおけるので重宝するものですが、利用する人によってはあまり心地よいものではないことも。基本的にこうした一人用のパッケージ型喫煙ブースは立って吸うことになるので疲れることも難点かもしれません。

 

どういったパッケージ型喫煙ブースを選ぶか

これからパッケージ型喫煙ブースを選ぶ際には最適な収容人員のパッケージ型喫煙ブースを選びましょう。そのためにも的確にオフィスの喫煙者を確認しておきましょう。

アンケートするのも良いですし、実際に喫煙所などで喫煙している人をカウントするのも良いでしょう。また、パッケージ型喫煙ブースを選ぶ際にはできるだけ少し収容人数が多いのを選びましょう。

これから新入社員や転職者などが来て更に喫煙所を増やさないといけないこともあります。こうした際にもパッケージ型喫煙ブースが大きければ対応しやすくなってくるのです。

パッケージ型喫煙ブースによっては連結式になっていて簡単に連結・拡充できるものがあります。簡単に拡充することができるのでもしも広げたい際にも簡単に対応しやすくなってくるのです。

もしも出入りが激しいオフィスなどの場合にはこうしたパッケージ型喫煙ブースを利用すると良いでしょう。さらに導入する際には収容人員を鵜呑みにしないようにしてください。10人収容人員があると謳っていても実際は6人くらいの利用がせいぜいなところもあります。

パッケージ型喫煙ブースによってはこのように収容人員を多めに見積もっているところがあるので実際にこれから選ぶ際には下見しておいてください。

また、パッケージ型喫煙ブースが狭くて困ったら新しく導入するのも良いでしょう。これによって喫煙所を2つ設けることができてさらに便利になってきます。

他にもパッケージ型喫煙ブースのリニューアルに対応している業者もあります。こうした業者であればかなり便利に使っていくことができるはずです。リニューアルすることによって、さらにコストダウンできることもありますからおすすめしておきます。

 

収容人員は大事なポイント

収容人員はこのようにパッケージ型喫煙ブースを選ぶ際には必ずチェックしておきたい項目であることがわかりました。他にもパッケージ型喫煙ブースの収容人員について知っておきたいのが「収容人員が多いと喫煙者が増えることがある」という副作用です。

収容人員が多くて喫煙スペースが使いやすいと喫煙する人も増えてくるかもしれません。実際、ビジネスの商談などはパッケージ型喫煙ブース内で行われるなんてこともあって「ライバルに負けないようにするために喫煙してみよう」と考える人もいるかもしれません。

こうしたことはあまり効率的ではないですし、従業員の健康のためにもなりません。だからこそ少し小さなパッケージ型喫煙ブースを取り入れてみることもありでしょう。こうすることで自然と長居しなくなって喫煙の魅力も少なくなってきます。

小さなパッケージ型喫煙ブースにすることによって余計なコストも減らせるのでおすすめかもしれません。このようにポイントが多いですが、こうした収容人員についても業者としっかりと相談すると良いでしょう。

業者はプロですから聞けばいろいろなことを詳しく教えてくれるものです。特にどのくらいの大きさのパッケージ型喫煙ブースにしたらわからないといった際にもしっかりと聞いて疑問点をなくしておくようにしておいてください。

 

パッケージ型喫煙ブースを導入する際にはその収容人員について知っておきたいところです。収容人員は多すぎてもよくありませんし、少なくてもいけません。

だからこそ適正なサイズのパッケージ型喫煙ブースを取り入れるためにも喫煙している人の数などを把握しておいいてください。さらにパッケージ型喫煙ブースを取り入れる際には下見をして本当にどのくらいの収容人員なのかについても知っておくと良いでしょう。

こうしたポイント以外にパッケージ型喫煙ブースを取り入れる際には少し小さなパッケージ型喫煙ブースを選ぶこともありです。もしもパッケージ型喫煙ブースが狭くなったらリニューアルしたりすることもできます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧