【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型の喫煙ブースとは?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/04/25

パッケージ型喫煙ブースとはどんなものか、まだそれほど広く浸透していないので知らない人もいるかもしれません。

しかし、最近は飲食店を筆頭に、企業や商業施設などにも設けられるようになってきています。

設置には費用もかかりますが、設置しないといけないような状況になってきています。

 

飲食店などにはたくさん設置されている

パッケージ型喫煙ブースとは最近とても話題になってきているので、どんなものか気になっている人もいることでしょう。よく外食をする人は見かけたことがあるかもしれません。

特に東京の飲食店ではいち早く導入しています。飲食店の中に喫煙者向けのブースが設けられているのです。そこの部屋の中でならいくらでも煙草を吸うことができます。飲食店で休憩中に煙草を吸うという人はたくさんいるものです。

しかし、煙草を吸わない人にとっては不快に感じることもあるでしょう。せっかく美味しいものを食べているのに煙草の臭いがしてくるのでは、味にも影響が出てしまいます。

そんな愛煙家と非喫煙者の両方が不快にならないようにするために必要なブースなのです。大規模な飲食店にはほぼ設置されています。きちんとした部屋になっており、もちろん、そのブースからは一切、煙草の臭いも煙も漏れてくることはありません。小さなお子さん連れでの食事も安心です。

ただし、パッケージ型喫煙ブースといってもいろいろなものがあります。設置する業者によってデザインや大きさなどにも違いがあるので、導入を検討しているのならよく吟味して選びましょう。

もちろん業者によって費用も異なります。導入設置には工事が必要になりますが、それほど時間がかかるわけではありません。例えば飲食店の内装リニューアルをする時などに、ブースを設置するというのもおすすめです。それなら工事も楽に済みます。

特に煙草を吸う場所というと飲食店や商業施設などが挙げられます。このような施設には必要不可欠です。それから最近は病院にも設置されるようになってきています。病院には病人しかいないというわけではありません。付き添いで訪れる人などが息抜きで煙草を吸うこともあるでしょう。だからこそ、病院のような場所にもブースが必要になるのです。

また、企業にも導入が進んでいます。仕事の休憩時間に一服するという人もいるからです。喫煙は愛煙家にとってはストレス発散法の一つでもあるので、このようなブースがあるのは重要です。会社に非喫煙者がいても、ブースが設けられていれば周りに迷惑をかけることはありません。大きな会社の場合、従業員もたくさんいるため、各階に設けるというのもおすすめです。

まず、ブースのサイズや設置場所を決めましょう。邪魔にならないような場所に設置することが多くなっています。会社の場合、来客のことも考えて1階ロビーに設置することが一般的です。

 

受動喫煙を防止するために必要なもの

パッケージ型喫煙ブースとは飲食店や病院、企業、商業施設というように、いろいろなところで最近見かけられるようになってきた喫煙するための小さな部屋になります。

喫煙者はこのブース内でしか喫煙することはできません。最近は愛煙家が少なくなってきており、煙草を吸える場所も限られてきています。

このようなブースが設けられていると愛煙家は誰にも気兼ねなく煙草を吸うことができるので安心です。なぜ、パッケージ型喫煙ブースが広まってきたのかというと、それには受動喫煙対策法が関係しているといえるでしょう。

2020年4月に全面施行となることから、法人だけではなく個人でも注目している人は少なくありません。特に煙草を吸わない非喫煙者は受動喫煙に悩まされている人が多いので、この法律の施行には嬉しく感じているはずです。

受動喫煙によって肺がんなどの病気になってしまうのは、煙草を吸わない人にとってはなんともやりきれないものがあります。それを防止するためにもこのような法律ができ上がったというわけです。

そうすると、受動喫煙にならないようにするための場所が必要になります。そこでこのようなブースが設置されるようになってきたのです。

飲食店は特に喫煙者と非喫煙者の席を分けるようになってきていることもあり、いち早く導入しています。これがあれば、非喫煙者にとって安心して飲食することができるのです。

受動喫煙がイヤだという人はこのようなブースのある飲食店で食事をしましょう。もちろん、飲食をしながら煙草を吸うという愛煙家も同様です。

専用のブースがあれば愛煙家も肩身の狭い思いをせずに済みます。このようなブースを設置するには、まず、専門の業者に設置をお願いすることになります。

業者の数は増えてきているので、インターネットで調べて比較してみましょう。ブースの形やデザインなどにもいろいろなものがあることが分かります。

もちろん規模に応じて的確なものを用意してくれるので安心です。景観をそこなわないようにデザインにもこだわってみましょう。

 

今後どんどん増えてくることが予測されている

パッケージ型喫煙ブースとはとても便利なものです。これがあると愛煙家も非喫煙者もお互いにイヤな思いをせずに済みます。どこにでも設置されていれば、どこへ行くにしても安心です。

しかし、設置にはある程度の費用がかかります。どこでも簡単に費用を出せるというわけではありません。そこで、多くの企業などはすぐに設置するわけではなく、ギリギリまで様子を見るというところもあるのです。

いずれにしても、2020年4月には受動喫煙対策法が全面施行となるので、それまでに設置しようというところが多くなっています。よって、今後はどんどんパッケージ型喫煙ブースが増えてくることが予測されています。

今後はどこでも見かけられるようになるかもしれません。専門に作って設置している業者も増えてきているので、導入を検討しているところは業者を比較して頼んでみましょう。販売から屋内外への設置までトータルで対応している業者を選ぶと楽です。

もちろん費用で選ぶというのもおすすめです。安全性や品質などもよく比較して選びましょう。飲食店に設置する場合には、飲食店のデザインと全く違ってしまうと景観がそこなわれてしまいます。

そこでデザイン性も重視して選んだ方がいいでしょう。最近はデザイン性も豊富なブースが増えてきています。見た目の印象は集客にも繋がるので大切です。

要望を取り入れてくれるような業者を選ぶと安心です。巷でも可愛らしくデザイン性の高いブースが見られるようになるかもしれません。オシャレなデザインなら非喫煙者にとっても不快に感じることは少なくなってくることでしょう。万人に受け入れられるようなブースがおすすめです。

 

パッケージ型喫煙ブースはだんだん広まってきています。というのも、受動喫煙対策法が成立したからです。これによって飲食店をはじめ、企業や商業施設などに設けられるようになってきています。

これを設置しないことには愛煙家が自宅以外で安心して煙草を吸うことはできません。もちろん、非喫煙者にとってもこれがないことには安心していろいろなところへ出掛けることもできなくなってしまいます。

よって、今後はさらに設置が進むことが予測されています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
記事一覧