【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型の喫煙ブースが必要な理由とは

公開日:2019/04/26  

世間では健康志向が高まってきていることもあり、喫煙者は肩身の狭い思いをするようになってきています。

喫煙できる場所が少なくなってきていることからも世の中の傾向が分かることでしょう。

そこで、飲食店や企業などではパッケージ型の喫煙ブースを設けるようになってきているのです。

 

世の中の志向に合わせて考えられている

パッケージ型喫煙ブースがよく見かけられるようになってきました。その理由は世の中の志向が関係していると言えるでしょう。日本は健康志向が高くなってきており、誰もが健康や美容を意識するようになってきているのです。

そのような人たちにとって煙草はとても有害だという認識があります。自分は煙草を吸っていなくても周りで吸われてしまっては、受動喫煙となってしまうので健康や美容の害となってしまうことでしょう。

このような理由から多くの施設などでは喫煙者専用のブースを設けるようになってきているのです。特に大きな飲食店で見かけられます。お店に入ったら喫煙者専用のブースが目についたという人もいることでしょう。

煙草を吸わない人は当然、そのブースには近寄りません。よって快適に飲食を楽しむことができます。喫煙者も非喫煙者に対して気兼ねなく食事ができ、煙草も吸えるので快適です。

また、最近は企業にも導入されるようになってきています。大きな会社では喫煙者もたくさんいることでしょう。来客の多い会社もあります。喫煙者が訪れても専用のブースがあれば、その企業に迷惑を掛けることはありません。

仕事が忙しいとそれがストレスとなり、ストレス発散のために煙草に頼る人もいます。だからこそ、会社にブースがあるととても効率的でもあるのです。

仕事の効率化を図るためにも、大企業だけはなく、中小企業でもブースの導入を検討した方がいいかもしれません。他には大型施設など、たくさんの人が集まるところにもこのようなブースが増えてきています。

 

周りに迷惑をかけずに済むので安心

パッケージ型喫煙ブースを設置した方がいい理由はいくつかあります。海外でもそうですが、日本でも愛煙家に厳しい世の中になってきていることが挙げられるでしょう。

日本は長寿大国となってきており、平均寿命も延びてきています。健康意識の高い人が増えてきていることもあり、それが寿命の延びにも繋がっているのです。

せっかく健康を意識して生活をしていても、周りに愛煙家がいるのでは困ります。自分は煙草を吸わなくても受動喫煙によって健康被害に遭ってしまうこともあるからです。

実際に喫煙している当人よりも受動喫煙者の方が何らかの病気を発症することが多くなっています。このような理由から、非喫煙者は愛煙家に対して敵意を持つ人も少なくありません。

とは言え、愛煙家にとって煙草は息抜きであり、必要不可欠なものといえるでしょう。どちらにとっても快適に過ごせるようにするためには、周りに迷惑を掛けないような状況にするしかありません。

それがパッケージ型喫煙ブースというわけです。これを設置することによって、喫煙者は非喫煙者に対して気兼ねなくそのブース内で存分に煙草を吸うことができます。

一方、非喫煙者は周りで煙草を吸う人がいても、そのブース内で吸ってもらう分には不快に感じることはありません。両者にとってウィンウィンの関係ができあがるというわけです。

特に知らない人がたくさんいる街中でこのようなブースがあると、多くの人が気兼ねなく外出ができるようになることでしょう。実際にいち早く導入しているのは都内の飲食店です。

都内にはたくさん人が集まることから導入されています。飲食店には飲食目的で訪れる人も多く、そのような人たちにとっては煙草の煙や臭いは不快なものでしかありません。

せっかく飲食を楽しむためにお店に入ったのに煙草の印象が強くて料理を楽しめなかったというのでは、飲食店側としても困ります。ところが、喫煙者は飲食店こそ煙草を吸って息抜きのできる場所として認識している人も少なくありません。

このような考えを持つ人の場をなくしてしまうのは、喫煙者にとっては困ります。よって、専用ブースが設けられているのは喫煙者にとっても良いことなのです。もちろん、導入設置には多少のお金がかかります。

どこのお店でも導入設置できるわけではありません。まだ導入設置されていないところは導入を検討するために予算を立ててみましょう。法律も制定されたので、近いうちにどこでも導入されるようになってくるはずです。

 

受動喫煙対策法に向けて適切な対処法と言える

パッケージ型喫煙ブースを見かける機会が増えてきたのは、いろいろな理由が考えられます。例えば、法律に関係していることも挙げられるでしょう。

2020年に東京オリンピックが開催されます。久しぶりの日本での開催ということもあり、数年前から準備に追われつつ国内では盛り上がってきています。

このオリンピック開催に向けて日本では法律が成立されたのです。それが受動喫煙対策法です。以前から受動喫煙はニュースでも取り上げられており、話題になっていました。

非喫煙者にとっての受動喫煙は健康を損ねることになるので、重大な問題です。そんなこともあり、2020年4月に受動喫煙対策法が全面施行されることになったのです。

元々、外国の方が喫煙に関する対策は率先して行われていました。日本はちょっと遅れているといえるでしょう。分煙になったのもかなり遅かったのです。

喫煙は健康を害することで知られていることもあり、非喫煙者にとってはやっとの思いでこの法律が制定されたことに嬉しく感じているはずです。それでも喫煙したいという人はたくさんいます。嫌な思いをせずに喫煙したいのなら、この法律に合わせて適切な場所と時を考えて喫煙するしかありません。

このような理由から最近はパッケージ型喫煙ブースを設ける飲食店や企業、施設などが増えてきているのです。2020年までにはさらに増えることが予測できます。

喫煙者もこのようなブースがあると、そこでなら気兼ねなく喫煙できるので安心です。どこか知らない場所へ行った時には、真っ先にパッケージ型喫煙ブースを探すという喫煙者もいることでしょう。

このように喫煙する場所が設定されていれば、非喫煙者も安心していろいろなところへ出掛けられるようになります。特に最近は飲食店などで喫煙する人は随分と減ってきています。

というのも、受動喫煙対策法が施行されると、原則屋内禁煙になるからです。今のうちから慣れておいた方がいいかもしれません。

喫煙の専用室があれば吸ってもいいのですが、ない場合には屋内で吸うことはできないのです。とは言え、まだまだ愛煙家がいなくなることはないため、愛煙家のためにもこのようなブースを設けることは必然と言えるでしょう。

このようなブースを専門的に作って設置してくれる業者も増えてきています。企業でも率先して設置導入するところが増えてきているので、まだ設置していないという飲食店や企業、施設などは早めに導入を検討した方がいいかもしれません。

 

上記のように、パッケージ型喫煙ブースを設ける飲食店や企業、施設などが増えてきています。その理由はいくつか挙げられます。世の中の健康志向に合わせているということも挙げられれば、受動喫煙対策法に向けての対処法でもあるのです。

それに、専用のブースがあることで非喫煙者に対して気兼ねなく喫煙できます。周りに迷惑を掛けずに済むという点が何よりも便利です。このようなブースがあることで、喫煙者も非喫煙者もお互いに安心できることでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧