【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブースの大きさと費用

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30

2020年4月以降、さまざまな店舗で少し変わったブースを見かけた人は多いでしょう。これはパッケージ型喫煙ブースというものです。喫煙者が気兼ねなく喫煙できる専用のブースとなっています。ただし、設置するには大きさも費用もそれぞれ異なります。これから設置を考えているお店などは慎重に情報を調べて内容を比較しなくてはなりません。

パッケージ型喫煙ブースは専門業者を確認し比較して選ぼう

年々、喫煙者にとっては肩身が狭くなるような状況になってきているといわれています。というのも、圧倒的に非喫煙者のほうが日本には多いからです。それに喫煙は健康の害というイメージが万人についています。周りに喫煙者がいるだけで不快な思いをするという人も少なくありません。

そこで、日本ではこんな法律を制定しました。2020年4月から受動喫煙対策法といったものが施行されたのです。喫煙者はもちろん、非喫煙者もどこかで目にしたり耳にしたりしたことがあるでしょう。街ナカで喫煙者ブースにたくさん人が集まっているシーンに遭遇したことのある人もいるはずです。このように、屋外だけではなく屋内でも喫煙できるスペースを区切ることを義務づける法律となっています。

とくに飲食店などでパッケージ型喫煙ブースを見かけられる機会が増えてきたことでしょう。小さなブースであっても周りにタバコの煙がもれないようにしっかり工夫されているので非喫煙者にとって安心です。喫煙者も周りに気がねなく喫煙できるというメリットがあります。

しかし、このブースを設置するには費用がかかるのです。当然、費用は飲食店が持ちます。大きさによって費用もかなり違ってくるため、慎重に選ばなくてはなりません。機能性がよく、使い勝手のよいものを選ぶことが重要となってきます。

まず、専門業者を探しましょう。パッケージ型喫煙ブースを製造し販売している専門の業者がいくつかあります。インターネットで探せば簡単に見つけられることでしょう。その際、設置もすべておまかせできる業者を選ぶとさらに楽です。

形状も商品によって異なりますので、お店の面積から必要最低限の大きさで設置しましょう。商品はたくさんあり、一人で利用できるものもあれば数名で利用できるものもあります。お店の面積が広く、お客さまが多いというのなら数名で利用できるタイプを設置したほうがいいかもしれません。

また、ブースになっており閉め切り状態なので、そのブース内にはタバコの臭いと煙が充満してしまいます。脱臭もきちんとしてくれるような機能がついている性能のよいものを設置しましょう。商品の詳細をしっかり確認し、安全性が高く安心して利用できるものを設置することが大切です。人気ランキングを参考にして業者を選ぶのもいいかもしれません。

パッケージ型喫煙ブースにはどんな商品があるのか特徴などを調べてみよう

パッケージ型喫煙ブースにはさまざまな種類があります。いろいろなお店を訪問すると、それぞれの違いに気づくこともあるでしょう。

大きさもさまざまです。数名が入れるようなタイプもあるので、大人数でお店を利用したいときなどには複数名が入れるタイプが重宝されます。一方、大きさによって費用もかなり違ってくるので、大きさの選択は重要です。お店側としてはあまり費用をかけたくないというところもあるでしょう。製造販売している専門業者によってもかなり違いが見られます。少しでもお得に利用したいのなら、業者選びはもちろん商品選びも慎重に行うことが大切です。

喫煙しているからといって、タバコの臭いが気にならないというわけではありません。できれば喫煙したことがわからないくらい、きちんと脱臭してくれるようなスペースがほしいところでしょう。このようなブースには脱臭機能もついています。さらに、空調も常にきちんとしているので安心です。

また、こういった設備は飲食店だけが行うわけではありません。飲食店ならお部屋のような形状のブースを設けるのが一般的となっています。しかし、役所などの施設になってくるともう少し広くスペースをとることができるでしょう。喫煙者が利用しやすいようにスペースを広くとっていると大人数で利用できて便利です。このように、使用するお店や施設に合わせて適切な形状や大きさなどは違ってくるのです。

業者によっては屋内型だけではなく、屋外型にも施工してくれるところがあります。オフィスなどで設置を考えている場合には、屋内と屋外に施工するといいかもしれません。大企業では従業員の数も多いことから、オフィスにいくつか設置したほうがいいでしょう。

また、トータル的にどのくらいの費用がかかるのか、まずは見積もりをとることが大切です。後で少しずつ設置するよりも、一度に一気に何箇所か設置したほうが安くなることもありますし、工事の手間もかかりません。パッケージ型の場合、大掛かりな工事となることは滅多にないので、この設置のために仕事に支障が出るといったこともないでしょう。

また、インテリア的にデザインを重視したいというオフィスも最近は増えてきています。おしゃれなオフィスの景観を損ねるブースがあるのはちぐはぐな印象となってしまうため、デザインの相談もしてみましょう。見た目にこだわりを持っているところほどおしゃれなデザインのブースを選びます。きちんとしている業者は、その点も踏まえてデザイナーにデザインしてもらったおしゃれなブースを提案することも可能です。

有効活用しやすいものを選ぶことがポイント

パッケージ型喫煙ブースを設置するには慎重に選ぶことが大事です。お店がそれほど広いわけではないところにあまりにも大きなものを設置してしまったらスペースをとってしまいますし、喫煙者以外の人がお店を利用しにくくなってしまうことでしょう。お店の面積のどのくらいの大きさがいいのか、よく検討したほうがいいかもしれません。

通常、喫煙者よりも非喫煙者のほうが多くお店を利用するものです。よって、非喫煙者が優先となります。それならそれほど大きなものを設置しないほうがいいということがわかるはずです。また、費用もかかるものなので、あまり大きいとお店側の負担が大きくなってしまいます。どのくらいの人数が入れるようにするのか、来店客のこれまでの平均人数から考えてみるといいかもしれません。

また、喫煙者が利用するブースとはいえ、数名が入ることに抵抗を感じるお客さまもいるかもしれません。一人しか入れないといった小さめのブースもあります。このほうがゆっくりじっくり利用できていいという喫煙者もいることでしょう。常連客からアンケートをとり、その結果によって大きさや形状などを選んでみるのもいいかもしれません。

有効活用しやすいものを選ぶようにしましょう。お店側にとっては大きな買い物になるものです。TPOに合わせて適切なものを設置することをおすすめします。

 

パッケージ型喫煙ブースを設けるところが増えてきています。これは2020年4月から施行された受動喫煙対策法に基づくものです。主に飲食店などで見かけられるようになってきました。お店側としては法律に基づいてきちんと設置しなくてはなりません。

もちろんそれには費用がかかります。どのくらいかかるのか、そして、大きさはどのくらいになるのか、しっかり調べたうえで適切なものを設置しましょう。こういったブースを専門的に製造販売している業者があります。業者を比較し、少しでもお得に活用できるものを利用することがポイントです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧