【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

喫煙ブースが煙漏れしない理由とは?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/07

喫煙者にもタバコを吸う権利はあります。そして習慣的に喫煙している人口は17%強で、これだけの人がタバコを楽しみにしています。そのため、完全禁煙にするのは非現実的である、そうした意見も耳にします。

だからこそ、解決の糸口となるのがパッケージ型喫煙ブースの導入の検討や設置です。その場合の喫煙ブースでは煙漏れしないのでしょうか。

 

煙をシャットアウトする理由

国内でも【受動喫煙対策法】が成立し、早くも2020年には全面施行となり、大型飲食店やホテルのロビーなども屋内禁煙となります。

受動喫煙とはいったい何でしょうか。副流煙と主流煙、いわゆる喫煙者が吐き出す息やタバコそのものからの混ざった煙を吸い込むことによって健康に害をもたらすという内容です。

もちろん、喫煙専用ブースを設けるには国が定める基準を満たすことで喫煙も可能です。また、タバコを吸いたくない、煙を嫌悪しているのに副流煙を吸わされる非喫煙者からすれば、全面的に禁煙として欲しいのも本音でしょう。

しかし、肩身が狭くとも喫煙がストレス解消になることも、仕事の覇気にもなり得るのも事実で、受動喫煙をなくすために施設や場所に応じた対策が急がれています。国による【受動喫煙対策法】によれば、喫煙専用室などを設置した場合のみ喫煙することが可能であるので、先に述べたように効率よく仕事をこなすために会社内にパッケージ型喫煙ブースを設置するのも一法なのです。

そのためには、非喫煙スペースに煙漏れがしないように注意することです。ここで注目すべきは、喫煙ブースが煙漏れしないワケです。それは、吸気口や排気口など、一定の気流が確保できる換気設備があるからでしょう。また、パッケージ型喫煙ブースならば、フィルター構造もそのカギを握っています。

 

ファンなどの換気システム

まずは、入り口における室外から室内への風毒が0.2m/秒以上であること、いわゆる気流によって煙が喫煙ブースの外に漏れ出ないように空気の流れを計算に入れて設置しなければなりません。次に、壁や天井によって区画されていること、いわゆる分煙で、隔離された個別化がポイントになります。

さらに、タバコの煙が屋外に廃棄されることなど、喫煙ブースから煙漏れしてしまっては設置する意味がありません。そのためには、屋根や壁で完全に囲み、シャットアウトする方法もあります。

気流の流れの影響もほぼなく、煙漏れしにくくなるのです。もちろん、分煙キャビンは入り口などの扉がなくても煙が漏れません。その理由は、浄化システム屋外排気システムがカギを握ります。

発生する煙が拡散する前に素早く集めるシステムであったり、特殊フィルターが空気を100%浄化してくれるのもポイントです。様々な業者が提供するのは、パッケージ型喫煙ブースあるいは喫煙ブースのどちらかです。

一般的に導入されているのは喫煙ブースで、タバコの煙の処理には換気設備が採用されていて、ダクトによりタバコの煙を屋外に排気する方法になります。そのため、換気設備工事ができるのであれば、様々なサイズ・デザインで施工ができます。

今、注目を集めているのはパッケージ型喫煙ブースで、この場合ダクトへの接続工事は必要ありません。フィルターにタバコの有害物質やニオイを除去し、そのまま室内に排気するのです。

換気設備が必要なく、省スペースや賃貸物件など、どんな場所にも設置が可能なのはメリットとなります。賃貸物件であったり、イベント時などにて設置したい、こうしたユーザーもいるでしょう。

規定サイズであれば、ただ設置したい場所に入れ込むだけで事足ります。屋内外で設置する際にも、やはり老若男女問わず、沢山の非喫煙者が周りにはいるはずです。漏れないためには一般のキッチンをイメージするほうが分かり易いのではないでしょうか。

魚を焼く時には煙が発生しますが、換気扇によって魚焼きグリル内には煙がなく、換気扇が吸い込み、屋外に排出されます。その原理、換気扇というファンによって煙がダクトを通り、屋外に排出されるのです。もちろん、起動する音も静かであり、快適性にも配慮されているのであれば、24時間しっかり機能を果たしてくれるのではないでしょうか。

 

吸い殻からの発生も抑制

喫煙ブースが煙漏れしない理由はフィルターやファンなどの機能・構造にあります。例えば、ガスや塵を吸着するフィルター層、煙吸引ゾーン、ファンモーターの層によって空気を浄化、煙や臭気を屋外に排出しています。

だから喫煙ブース内、その周りには煙漏れ、ニオイ漏れがしないようです。喫煙ブースによってはフィルター構造として、プレフィルター・ヘパフィルター・カーボンがあって、ファンモーターの力を借りて屋外に排出されます。

煙が漏れないというより、喫煙ブース内や周辺から遠ざけるというイメージでしょうか。もちろん、発ガン性物質などになるタバコの煙のみならず、環境にも配慮しなければなりません。

屋外に排出する際には、泥水が何層ものフィルターを通り濾過されてキレイな水になるのと原理は同じで、汚れた空気もキレイに浄化され、キレイな空気として排出されます。また、喫煙ブースが煙漏れしない理由は、ブースの構造にもあります。

パッケージ型喫煙ブースを設置するメリットとしては、規定サイズだから設置場所を選びません。施工の手間もなく、業者による現場調査も単純化できます。

喫煙ブースのデザイン性にこだわる企業(オフィス)も少なくありません。だから、壁や床、サッシ、扉の性能にこだわることも可能です。

喫煙ブース内の煙を壁紙が吸着してくれる、扉や窓にパッキンが入れば隙間がなくなり、喫煙ブースの外に煙が漏れることも少なくなります。喫煙ブースの入り口(扉)にはエアカーテンが採用されており、タバコの煙が漏れるのを軽減できます。

一酸化炭素濃度などを薄めるための換気システムも必要でしょう。ちなみに、吸い殻からもタバコのニオイのみならず、しっかり消えていないために煙が発生することもあります。

吸い殻の火を自動消火、消臭する安全設計の灰皿、処理システムを導入することも必要になります。回収する吸い殻が大量にあったとしても、ニオイや煙漏れなしです。火のない所に煙は立たず、というように消火システムも重要性があるともいえます。

 

喫煙ブースから煙が漏れない理由には、ファンなどの換気扇の役割であったり、フィルター構造によるものであったり、デザイン性にもあるようです。素敵な壁紙やカーテンや窓を設置したり、それだけでも煙を漏らさない工夫になります。

また、浄化させることでクリーンな空気として外に排出されることで、人のみならず、環境にも優しい、そうした喫煙ブースを導入することができそうです。

しかも、設置する場所も選ばない、また施工も手軽に行えます。喫煙者にとっても、喫煙ブース内にいても煙たいのは避けたいものです。そうした場合にも、自動換気システムがしっかり機能を果たしてくれます。

また、マナーではありますが、吸い殻の火が消火されていない場合にも煙が立ちこめてしまうため、そうした処理システムも導入の際にはチェックが必要なようです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧