【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブースの導入の際の料金体制の種類とは

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/07

パッケージ型喫煙ブースを取り入れたいならばその料金体系についてよく知っておくと良いでしょう。実際、パッケージ型喫煙ブースはいろいろな料金体系があって選ぶことができます。

人によってはリース形式が向いているともありますし、最初から購入したほうが良いこともあるでしょう。

 

どんな料金体系があるのか

パッケージ型喫煙ブースを導入したい際に料金についてはしっかりと相談しておいてください。料金はこれから紹介するような料金体系によってかなり変わってくることがあるからです。長く使うパッケージ型喫煙ブースだからこそしっかりと料金を最初に比較して後悔しないようにしておきたいところでしょう。

まず、そんなパッケージ型喫煙ブースの料金システムの中でも最もポピュラーなのが購入タイプのパッケージ型喫煙ブースです。これはパッケージ型喫煙ブースを購入して利用するものであり、初期コスト的には最もかかってきてしまいます。パッケージ型喫煙ブースによっては40万円を超えるものもあるのでそれだけ初期コストも必要です。

これに加えて工事費用なども追加で生じるのでトータルコストは60万円近くを見ておきたいことも。とはいえ、最初にパッケージ型喫煙ブースを購入しておけば後で余計なコストが生じにくいです。だからこそ長期間パッケージ型喫煙ブースを利用する予定がある場合におすすめなところでしょう。とはいえ、購入した後に全くコストが生じないかというとそうでもありません。

例えば、パッケージ型喫煙ブースを導入した後にもランニングコストが生じます。ランニングコストとしては保証料や修理費用、フィルターの交換代金などがあります。こうした額は微々たるものとはいえ忘れないようにしておきたいところでしょう。

また、最初にパッケージ型喫煙ブースを購入しておけば余計なトラブルもありません。例えば、レンタルのパッケージ型喫煙ブースだともしも備品などを壊した際に保証金を求められることがあります。こうしたレンタルならではの問題もないのでおすすめなところでしょう。

 

他の方法でパッケージ型喫煙ブースを利用

パッケージ型喫煙ブースには他にもリース形式もあります。リース形式のものであればより簡単に初期コストを抑えることができます。

リース形式のものによっては初期コストもゼロ円なことがあります。これによって予算があまりない際にも簡単にパッケージ型喫煙ブースを取り入れることができるのです。

とはいえ、リース形式の場合には月額もしくは年額がかかるので長期間使う際にはあまりおすすめできないことがあります。また、リース形式の場合には中古品になりますし、壊すと保証金を取られることもあるので気をつけておきましょう。

だからこそリース形式のパッケージ型喫煙ブースは短期的に利用するといった場合やお試し的に利用するといった場合におすすめなところでしょう。もしも数年以上使う予定があるならばやはりリース以外の導入をおすすめしておきます。

また、リース形式の商品は思わぬデメリットもあります。例えば、リース形式の場合には余計なコストがかかることがあるのです。フィルターの交換費用がかかったり、メンテナンスコストもかかります。

こうしたコストは月額料金とは別途でかかることがあるので注意しておいてください。リース形式のパッケージ型喫煙ブースは場合によっては利用期間後にそのまま購入できることがあります。

このため、リース形式と購入タイプのどちらの良さも備えているのでおすすめです。また、リース形式の場合、事前に審査が必要になることがあります。こうした審査は曲者であり、場合によってはかなり高くついてしまうことも。

だからこそこれからリース形式のパッケージ型喫煙ブースを利用する際にはしっかりと相談するようにしておきましょう。また、リース形式のパッケージ型喫煙ブースは、頻繁にオフィスを切り替える場合にもおすすめです。

こうした移動が多い法人向けのプランを用意しているところもあります。だからこそ移動が多いならば身軽に移動するためにもリース形式のパッケージ型喫煙ブースを選んでおいてください。

 

他の料金システムも紹介

更に自分でパッケージ型喫煙ブースを購入して設置してみることもできます。これによってコスト的にも安くなってくるのでおすすめできます。

自分で設置してみることは大変ですが、いつでも好きな時に自分で解体できておすすめできます。とはいえ、自分で施工するとやはりできが良くないことがあるので気をつけておきましょう。

また、中古のパッケージ型喫煙ブースを利用するのもありです。中古のパッケージ型喫煙ブースであればかなり安いのでコストも低くなってきます。

とはいえ、パッケージ型喫煙ブースは汚れやすいので中古品だと汚れていて気持ちよく使えないこともあります。だからこそしっかりと下見にいって製品を見ておくことをおすすめします。

また、レンタルオフィスによってはこうしたパッケージ型喫煙ブースが借りられることがあります。こうしたレンタルオフィスのサービスであれば更にお得に利用することができるのです。

もしもこれからレンタルオフィスを利用する予定があるならばこうしたパッケージ型喫煙ブースのレンタルサービスがあるようなところを利用しておくと良いでしょう。レンタルオフィスによっては無料でパッケージ型喫煙ブースを借りられるなんてところもあります。

このようにいろいろな方法でパッケージ型喫煙ブースは利用できるものです。どれが一番良いかはケースによってわかれますが、もしも初期コストを下げたいならばリース形式のパッケージ型喫煙ブースを利用すると良いでしょう。逆に長期間使うならば購入したほうが基本的に良いです。

また、リース形式のパッケージ型喫煙ブースにも長期プランがあって数年単位の契約で借りられるところもあります。こうしたパッケージ型喫煙ブースであればかなり長期間借りても安いことがあるのでかなりおすすめできます。こうしたことも含めてパッケージ型喫煙ブースの業者に相談しておくことをおすすめしておきます。

 

パッケージ型喫煙ブースを利用する際にはいろいろな料金システムが選べます。例えば、購入してみることもいできます。これによって長期間使う場合には一番お得になることがあるのです。

とはいえ、それだけコストがかかるので気をつけておきたいところでしょう。他に初期コストもかかりにくいのがリース形式です。こうしたリースであればコストもおさえて借りることができます。しかし保証金を取られることもありますし、審査などが面倒なこともあるでしょう。

だからこそこれからこうしたパッケージ型喫煙ブースを利用する際にはじっくりと話しを聞いておいてください。他に自分でパッケージ型喫煙ブースを購入してみることもできます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
記事一覧