【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブースの点検頻度はどのくらい?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/13

近年は、タバコを吸う人に対して非常に風当たりが強く、指定の喫煙所でしか吸えなくなっている傾向にあります。喫煙所を設置する場合、単なる喫煙ブースだと、排気口などを整備しなければならず莫大なお金がかかるでしょう。そこで、パッケージ型喫煙ブースを利用する方法があります。このとき、点検についての確認をしておきましょう。

喫煙ブースを使っている多くの業者がおこなっている

パッケージ型喫煙ブースを利用するためには、それに伴い点検をする必要があります。そもそも、パッケージ型喫煙ブースのメリットは、高額な費用がかからないことや副流煙などに効果を発揮することです。

これにより、さまざまな問題を解決することができるでしょう。特に副流煙で問題になりやすいのは、肺がんの問題や気管支炎の問題です。これらは、タバコから出る煙が原因でなる恐れがあります。

タバコのフィルターを通した煙は、そこで悪性の物質などを排除してくれますので、吸っている本人はそこまで問題ありません。しかし、フィルターを通さずにタバコの先端から出る煙を吸ってしまった場合には、それが悪い影響を及ぼすわけです。これを防ぐのが、パッケージ型喫煙ブースの特徴と言えるでしょう。

点検頻度に関しては、毎月する部分もあれば、半年に1回点検する部分もあります。1年に1度しか調査しないような部分もあるかもしれませんが、基本的に重要な部分に関しては、概ね毎月チェックをするようにしています。

この中で1番重要になるのは、ブース内にある機械の動作確認と言えるでしょう。そもそも、動作確認ができていなければ、正しく煙を機械が吸い込むかどうかは誰にもわかりません。そうすると、ブースの中に煙がずいぶんと溜まってしまい、環境が良くないといえます。

この煙は、基本的に外に出ないようにシャットダウンしている仕組みを採用している企業が多いです。しかし、煙が充満しすぎてしまうと、その機能も十分に果たせない可能性があります。このように考えれば、動作確認のチェックは毎月必ず必要と言えるわけです。

動作の中で大事になるのは、エアーフィルターの内側にある吸い込み口が考えられます。このフィルターは、タバコの煙を吸い込んでおり、時間が経過するとずいぶんと茶色く色が変色してしまうことがわかります。このフィルターの吸い込み口自体が機能していなければ意味がありませんので、定期的にフィルターの奥側にある空気を吸い込むところが動いているかを確認します。

最初のうちは、比較的強い力で空気を吸い込みますが、何年も経過するごとに、吸い込む力が弱くなる可能性があります。毎日利用していると、日々の変化になかなか気がつかないものです。そのため、普段から喫煙ブースを利用している人も、当然空気を吸い込む力が弱まっていることは考えないでしょう。

エアーカーテンの重要性を理解しておこう

最近のパッケージ型喫煙ブースでは、空気が外に漏れないような仕組みを採用していて、具体的にはエアーカーテンと呼ばれるものを採用している傾向があります。エアーカーテンとは、室内の空気と外の空気をシャットダウンする気流になります。

もう少しわかりやすく言うと、通常喫煙所の中は可能な限り煙を吸い込んでいるといえども、外の空気と比べるとやはりタバコ臭さなどは残っています。あるいは、機械のフィルターが付いている部分から遠く離れたところで吸っている場合や入り口付近で吸っている場合は、その煙が機械のフィルターを通す前に外に出て行ってしまう可能性があります。

これをシャットダウンするには、壁が必要になりますが、壁といっても人が出入りするところに壁を作っては出入りすることができません。そこで、人の出入りの妨げにならないように空気のカーテンを作るわけです。

上に空気の排口があり、強烈な空気が真下に向かって流れる仕組みです。そうすると、人が出るときに一緒に外に出ようとした禁煙ブース内の煙も空気の壁に当たりその煙が外に出ないようになります。結果的に、禁煙ブースの外に煙が流れることがほとんどなくなり、副流煙等を防ぐことになるでしょう。

つまり、エアーカーテンは喫煙ブースと外を遮断するとても重要な存在ということです。もし、エアーカーテンが作動しないか、あるいは作動したとしても通常の性能を発揮せず弱い空気しか出ないとすれば、そもそも喫煙ブースを設けた意味が半分失われてしまいます。そうだとすれば、毎月必ず点検する箇所の1つになるでしょう。

エアーカーテンに関しては、多くの場合強さの調整をすることが可能になります。チェックをする場合には、この調整が十分に可能であるかを確認することになるでしょう。

機械を分解することも考えられる

パッケージ型喫煙ブースを利用する場合、業者の方で1年に1度位の割合で、分解点検などがおこなわれることがあります。基本的に、パッケージ型喫煙ブースの中の機械の部分は、午前中から夜までずっと動きっぱなしです。24時間で誰かしら勤務している場合には、24時間動きっぱなしになるでしょう。

頑丈に作られているかもしれませんが、それでも1年ほど経過すると、機械の調子が悪くなることも十分考えられます。仮に新品で調子が悪くなくても、その後さらに1年間は安心して使えるようにチェックをおこなっていきます。

分解する場合には、経年劣化によりパーツの摩耗が生じている可能性があります。特にモーターの部分は、5年ないしは10年ほど経過すると、かなり劣化してくる恐れがあります。このような場合には、点検をして問題があるならば交換をすることになるでしょう。

仮にすぐ交換にならなくても、そろそろ交換の時期が近いと判断した場合には、業者の方から喫煙ブースを設置している依頼者のところに連絡が行きます。これにより、喫煙ブースを設置している側も、将来的に出費があることを覚悟するでしょう。

内部をチェックするときには、掃除をすることも忘れてはいけません。大体の業者では、フィルター内部の掃除などをしっかりとおこなっていきます。掃除に関しては、オプションでつけることができますが、基本プランとして付いていることも少なくありません。もし自分たちで掃除することが難しいと判断する場合には、業者に任せましょう。

簡単に掃除できるタイプのものはありますが、分解しないとできないものもあります。この点は事前に業者に聞いてから、契約をするようにしましょう。このように考えれば、業者がおこなう点検はとても重要になります。点検パック等が業者の方で用意している場合には、あらかじめパックに加入して、将来の出費を減らすこともとても大事になります。

 

喫煙者が多い会社の場合には、パッケージ型喫煙ブースと呼ばれるものが設置されていることが多いです。これを設置することで、副流煙を防ぎます。このとき、喫煙ブースの点検をしてくれるかどうかが問題になりますが、大抵の場合は業者の方でおこなってくれるでしょう。もしオプションの場合は、可能な限りそのプランに加入しておいた方が良いです。

どれぐらいの頻度でおこなうかは、内容によって異なります。例えば、動作チェック等は毎月おこなう必要があるでしょう。しかし、パーツの交換や分解等は半年から1年に1度おこなえば良いことになりますので、そこまで頻繁にチェックをするわけではありません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧