【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型の喫煙ブースの選び方は?機能を比べよう

公開日:2019/04/26  最終更新日:2019/08/21

パッケージ型喫煙ブースを取り入れる場合いろいろとチェックしておきたいことがあります。

例えば、パッケージ型喫煙ブースによってはかなり機能がたくさんあることがあります。

こうした機能を比較するなどして自分にあったパッケージ型喫煙ブースを選んで見るのもありでしょう。

 

パッケージ型喫煙ブースを取り入れる

パッケージ型喫煙ブースは人気ですが、これから選ぶ際には機能を比較するのがおすすめしておきます。機能を比較することによって選びやすくなりますし、価格的にお得になることもあります。

そんなパッケージ型喫煙ブースの機能でおすすめなのが暖房・冷房機能です。暖房機能などがないと冬場に寒くて使えないこともありますから、こうした機能は必須です。

特に外に喫煙ブースを置く際には必ず暖房機能などがある商品を選んでおいてください。受動喫煙が防げても寒さで風邪になったりしたらどうしようもありません。

とはいえ、暖房機能などは設けるとかなり価格的に高くなりやすいです。暖房機能なしの商品と比べると価格が4割程度高くなることもあります。

だからこそこれから利用する際には気をつけておきましょう。他にもパッケージ型喫煙ブースの機能で見ておきたいのが収容人員です。ブースによってはかなり収容人員が豊富なものもあります。

収容人員が少ないとやはり使いにくいのでやはり収容人員は多いほうが良いです。収容人員が多ければそれだけ換気能力高くなってきます。それだけ大量の煙を吸うことができるのでパッケージ型喫煙ブースが曇るといったことも防げるようになってきます。

とはいえ、収容人員が多い=かなり大きいパッケージ型喫煙ブースということでもあり価格はそれだけ高くなってきます。最もおすすめなのは5人程度収容可能なパッケージ型喫煙ブースで価格的にも手頃になっています。

しかし、これだけしか収容人員がないと大型のオフィスなどで利用する際にはかなり窮屈になることもあるので気をつけておきましょう。パッケージ型喫煙ブースによっては連結機能があるものもあります。

連結できるものであればかなり簡単に増設などで来て良いです。これによってもしも購入したパッケージ型喫煙ブースが狭くなってきたら簡単に連結して増やせることも。これも選び方の参考にしておいてください。

 

その他にもこんな機能があるのです

こうした機能以外に注目しておきたいのがタイプです。喫煙ブースによっては屋内タイプと屋外タイプがありそれぞれで微妙に機能は変わってきます。

例えば、屋内タイプであれば組み立て式のものが多く狭いオフィスなどにも散り入れていくことができます。一方、屋外タイプはより大きく丈夫なものが多いです。

こうした違い以外にもアメニティについてもチェックしてから選びましょう。パッケージ型喫煙ブースによっては単なる換気扇やハイ柄受けなどだけでなく、イスやテーブルなどがあるところもあります。

USB充電器などが取り付けられていて長時間過ごすのにむいたものもあります。また、コーヒーサーバーなどが設けられるといった大型のパッケージ型喫煙ブースはちょっとしたコーヒーブースとして用いることができるのでおすすめしておきます。

アメニティにも他にも雑誌ラックがあったりするものもありますし、いろいろな作業ができるパッケージ型喫煙ブースもあります。このような違いもけっこうあるので比較しておいてください。

更にパッケージ型喫煙ブースによっては換気能力が高いことがあります。換気能力が高ければそれだけ受動喫煙の影響も少なくなります。

実際、換気能力が少ないと煙が外に逃げることがあるのです。これによってせっかく導入しても受動喫煙になることがあります。

また、換気能力が少ないとブース内も常に曇ってしまってどうしようもありません。だからこそこれから導入したい際には換気能力が強いパッケージ型喫煙ブースを選ぶと良いでしょう。

 

パッケージ型喫煙ブースにもいろいろあったりする

パッケージ型喫煙ブースにもいろいろあり、注文次第で好きなように機能を盛り込めるモジュール式のパッケージ型喫煙ブースもあります。こうしたパッケージ型喫煙ブースであれば好きなようにカスタマイズできるのでおすすめなところでしょう。

イスを取り付けることができるパッケージ型喫煙ブースもあるのです。これから選ぶ際にはこのようにカスタムできるようなところがやはりおすすめです。

更にパッケージ型喫煙ブースによっては簡単に自分で回収できるようなものもあります。イスなどを取り外せたり灰皿数などを増やせるといったパッケージ型喫煙ブースもあるのでこれから利用する際には検討しておいてください。

このような機能を比較する際には実物を見てみることがおすすめです。パッケージ型喫煙ブース業者に行けば実際にパッケージ型喫煙ブースが見れますから、どういった機能があるのかといったことを比較しておくと良いでしょう。

また、機能を盛り込むとそれだけコストは上がるということは理解しておいてください。このようにパッケージ型喫煙ブースを選ぶ際には注意点も多いものですが、パッケージ型喫煙ブース業者はかなりいろいろとあります。

ぞれぞれで扱っている商品のバリエーションも変わってきますし、パッケージ型喫煙ブースによってはかなりいろいろなカスタムができることも。また、価格もそれぞれの業者で様変わりしてきます。

だからこそ、これからパッケージ型喫煙ブースを選ぶ際には、じっくりと業者比較をしておいてください。できれば相見積もりなどもしてもらうとよりよい業者を選べるようになってくることでしょう。パッケージ型喫煙ブースも決して安くないのでしっかりと選んでおくことが大事になってきます。

 

パッケージ型喫煙ブースを利用することによって受動喫煙が防止できます。こうしたパッケージ型喫煙ブースを選ぶ際には機能で選ぶと良いでしょう。

例えば、パッケージ型喫煙ブースによっては機能に長けておりいろいろな使い方もできるものがあります。アメニティの違いにも注意しておきたいところでしょう。

パッケージ型喫煙ブースはものによってはモジュール式になっておりいろいろな要素が取り付けられるといったものもあります。こうしたパッケージ型喫煙ブースを用いれば自分の好きなようにカスタムできるのでこれから利用したい際にはおすすめです。

更にパッケージ型喫煙ブースによってはかなり簡単に改修できるといったものもあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
記事一覧