【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型の喫煙ブースを導入する注意点とは?

公開日:2019/04/26  最終更新日:2019/08/21

受動喫煙の危険性はかなり高いものです。受動喫煙によって不健康になったりすることもあります。

だからこそパッケージ型喫煙ブースを取り入れることでこうした受動喫煙をなくしましょう。

しかし、パッケージ型喫煙ブースを取り入れる際には注意しておきたいポイントも多いのです。

 

パッケージ型喫煙ブースの注意点について

パッケージ型の喫煙ブースは利用価値が高いものです。パッケージ型の喫煙ブースはどこにでも設置しやすいことも利点でしょう。

とはいえ、パッケージ型の喫煙ブースもいろいろなものがあり、設置箇所を選ぶものもあります。例えば、屋内専用タイプのパッケージ型の喫煙ブースもありますし、屋外専用のものもあります。

パッケージ型の喫煙ブースのサイズを間違えて購入すると入り切らずに困ることもあります。だからこそこれからパッケージ型の喫煙ブースを購入する際にはしっかりとサイズを確認しておきましょう。

また、パッケージ型の喫煙ブースを使わなくなった際の処分に困ることもあります。オフィス移転などの際にパッケージ型の喫煙ブースを処分する際には工事費用がかかることも。

また、パッケージ型の喫煙ブースは中古品として売れにくいことも難点になっています。こうしたパッケージ型の喫煙ブースをどうすればよいかは悩みますが、粗大ごみとして捨てるのも難しいです。

おすすめなのはパッケージ型の喫煙ブースを専門に扱う業者に引き取ってもらうことです。こうすることで高く売れたりしますからおすすめです。

さらに導入したとしても使われないことがあります。パッケージ型の喫煙ブースでわざわざ吸うことを嫌がる人もおり、隠れて吸うといった人もいるのです。これではパッケージ型の喫煙ブースを導入した意味がありません。

またパッケージ型の喫煙ブースは「狭苦しい」「くさい」といったような理由で避けられることもあります。このため、これから導入したい場合にはなるべく収容人員が多いパッケージ型の喫煙ブースを選んでおくと良いでしょう。

こうしたパッケージ型の喫煙ブースであればそれだけ狭苦しさもないですし換気力が強いので「パッケージ型の喫煙ブースがけむくなる」といったことも防げます。パッケージ型の喫煙ブースに入るとニオイがつくことがあります。

これはパッケージ型の喫煙ブースの悩みの一つですが、こうしたことを防ぐためにも換気機能が強力なものを選んでおくと良いでしょう。パッケージ型の喫煙ブースによっては防臭効果に長けているものもあります。

パッケージ型の喫煙ブースはこうした注意点があるので導入したい際には気をつけておきましょう。

 

他の注意点についても紹介しておきます

パッケージ型の喫煙ブースのタイプで悩むこともあります。パッケージ型の喫煙ブースにも屋内タイプやイベント時の利用できるタイプ、大収容可能なものなどいろいろなものがあります。どれを選ぶかはパッケージ喫煙ブース業者としっかりと話し合っておきたいところでしょう。選ぶ際に重要なのが利用者の実態を把握することです。

オフィスの喫煙者数の数をしっかりアンケートなどで割り出すとともにどのようなパッケージ型の喫煙ブースが求められているのかについても意見を聞いておきましょう。例えば、アメニティ豊富なパッケージ型の喫煙ブースが欲しいといった声もあるかもしれません。

さらにパッケージ型の喫煙ブースによっては価格の問題もあります。パッケージ型の喫煙ブースは百万円以上費用がかかるので導入時には気をつけておきたいところです。

短期間しか使用しないのであれば費用を抑えられるレンタルパッケージ型の喫煙ブースを選ぶと良いでしょう。ただし、長期間使用するのであれば逆に費用が掛かる可能性が高いため、購入したほうがよいでしょう。

他にも、中古のパッケージ型の喫煙ブースを利用することもできます。とはいえ、中古のパッケージ型の喫煙ブースは汚れてかなり使いにくいことも多いので気をつけておきたいところです。

パッケージ型の喫煙ブースを利用する際にはフィルターの問題もあります。パッケージ型の喫煙ブースのフィルターは定期的に交換したりすることが必要です。

フィルターが詰まっているとしっかり換気できませんし、不衛生です。だからこそパッケージ型の喫煙ブースを取り入れたらしっかりとメンテナンスなどもしておくと良いでしょう。

 

パッケージ型の喫煙ブースならではのポイント

こうした注意点以外にもパッケージ型の喫煙ブースを取り入れる際には置き場所もポイントです。例えば、換気口の位置を誤るとパッケージ型の喫煙ブースからでた煙が室内に入ってきてしまうことがあります。

だからこそこれから設置する際にはしっかりと専門業者の意見を聞いておいてください。さらにパッケージ型の喫煙ブースによってはかなり煙が漏れるものもあります。

パッケージ型の喫煙ブースによってはイスなどが硬いというものも。こうしたことを防ぐためにもこれからパッケージ型の喫煙ブースを購入する際には必ずパッケージ型の喫煙ブースの下見をしておくと良いでしょう。

パッケージ型の喫煙ブースも決して安い買い物ではないのでこうしたことも的確に行っておきたいところです。このように注意点が多いのでこれから導入したい際にはしっかりと専門業者と相談しておきましょう。

見積もりもいくつかの業者に出してもらうことによって最適な価格のパッケージ型の喫煙ブース業者を選ぶことができるようになってきます。また、パッケージ型の喫煙ブースの導入後に問題が発生することもあるでしょう。

例えば、換気扇も壊れたりすることがありますし、パーツ交換が必要性もあります。こうした際にアフターケアなどが受けられる業者を選んで見ることがおすすめです。業者によってはこうしたアフターケアは無料で行ってくれるといったところもあるのでこれからパッケージ型の喫煙ブースを選ぶ際にはおすすめです。

 

パッケージ型の喫煙ブースを導入することはおすすめですが、注意点もあるので簡単にまとめました。

・設置費用として百万円以上はかかる
・設置後に喫煙者に対して喫煙ブースを使用するようアナウンスが必要
・フィルターによって有害なものを除去している為、定期メンテナンスが必要
・サイズも様々なので設置場所を考える必要がある

このようにポイントが多いですが、これから取り入れる際には業者にしっかり相談しておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
記事一覧