【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

喫煙ブースの施工業者は喫煙ブースのリニューアルもしてくれる?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/07

古い喫煙ブースの設備の老朽化や煙草の煙のにおいが漏れるなど、不満があるときに、喫煙ブースのリニューアルをおすすめします。

施工業者の中には、新規の喫煙ブースの設置だけではなく、長い間使い続けている喫煙ブースのリニューアルに対応してくれる業者もあります。

 

古い喫煙ブースのリニューアルは重要

オフィスや商業施設など、煙草を吸う方が休憩時間にリラックスできる環境を作るために、パッケージ型喫煙ブースを用意することも大切です。古い喫煙ブースだと、利用者が不便に感じることがあったり、職場で喫煙ブースが遠いと、休憩時間が長くなり、仕事の効率が悪くなる恐れもあります。

煙草を吸わない方も煙草を吸う方も集中して仕事がしやすい環境を作ることが必要なので、喫煙ブースのリニューアルをおすすめします。施工行者の中には、新規喫煙ブースの施工だけではなく、長期間使い続けている喫煙ブースのリニューアルに対応してくれるところもあります。

長期間使い続けている喫煙ブースは、定期的に掃除をしていても、においが漏れてしまったり、汚れがなかなか落ちないことがあり、新しい空間に変えていくことは大事です。新しい設備に交換をすることで、スムーズに煙が流れていくようになり、煙草を吸わない方が喫煙ブースの近くを通ると、煙のにおいで嫌な思いをすることもなくなります。

古い喫煙ブースだと、換気扇が古くなり、換気扇の風量が足りないことや会社の業績が順調に伸びていき、従業員数が増えたときに、喫煙ブースが狭くなることもあります。施工業者に喫煙ブースのリニューアルを依頼することで、既存の設備をすべて撤去して、新しい設備に交換することができるため、換気扇の風量にも満足できます。

さらに、換気口を設けるなどの工事を進めてもらい、空気の流れを作って、煙のにおいの漏れを防ぐことが可能ですし、扉も開け閉めがしやすいように、スライドドアに変えることも大事です。古い喫煙ブースは、引き戸であることが多く、開け閉めによって、内部の煙を外に押し出してしまうことがあり、煙草を吸わない人も煙を吸ってしまう可能性があります。

スライドドアに変えることにより、扉の開け閉めで煙のにおいが外に漏れにくくなるように対策を取れ、換気扇も新しくなることで、しっかりとにおいの漏れを防げます。実績がある施工業者に依頼することで、煙草の煙のにおいが漏れないように、換気扇へ向かう空気の流れなどを計算してくれ、今までの喫煙ブースの問題点を見つけ、改善してくれます。

パッケージ型喫煙ブースを設置する際に、ガラス部分が増えることで、照明の明かりも入ってきやすくなり、明るい空間に変えていくことができるようになります。煙草を吸って、リラックスしたい方に取っても、見た目も爽やかで、明るさもある喫煙ブースの方が、気持ちを落ち着かせることができる場合もあります。

 

予算内でできる喫煙スペースの設置

古い喫煙ブースのリニューアルや会社経営を始めて、喫煙ブースを新規で用意したい時など、予算内でできる方法を見つけるための情報収集は大事です。パッケージ型喫煙ブースは、費用を抑えやすいため、注目する方は多く、設置後電源をつなぐだけで、すぐに喫煙スペースとして使える製品もあります。

施工業者に依頼する際に、様々な工事が必要になることで、手間がかかる分、費用が高くなってしまう恐れがあることに注意することが重要です。会社経営を始めたばかりなので、あまり予算に余裕がないことを心配する方も、パッケージ型喫煙ブースなら、設置工事不要で準備を進められるため、予算内でできる可能性があります。

排気設備が内蔵されているため、ダクトなどの排気設備工事が不要であることも魅力ですし、まとめて交換をすることができるため、リニューアル時の掃除の手間も省けます。古い喫煙ブースをリニューアルする際に、まだ十分に使える換気扇なら掃除やメンテナンスを行い、費用を抑えつつ、今ある物を上手に活用して、新しい空間に変えていけます。

しかし、喫煙室内部に設置されている物が古いだけではなく、汚れもひどい状態だと、業者に依頼して掃除を行ってもらうなど、手間がかかります。まとめて簡単に交換作業を進めていくことができれば、掃除など、業者に掃除も含めて依頼して、費用がかかってしまうこともなくなるため、安心感を持てます。

パッケージ型の製品の中には、100V電源1つあればすぐに使用でき、空いているスペースを見つけて、短期間でスムーズに設置ができるものがあります。維持費を心配する方もいますが、省エネの設計で作られている製品もあり、人感センサー機能があるなど、省エネ機能で自動運転することも可能です。

古い建物なので、排気設備のない室内となっており、様々な工事が必要になることを心配する方も、スムーズに設置可能な製品もあるため、注目です。

 

施工業者への相談や展示会に足を運ぶ

パッケージ型喫煙ブースの情報を集めたいときに、業者の中には、展示会を開催してくれ、実際の製品を自分の目で見て確かめることもできます。展示会の日程をチェックして、足を運んでみることで、煙草の煙のにおいが漏れにくい工夫がされているなど、実際に体験をして、様々な情報を集めていけます。

脱臭性能に優れた設備を取り入れることで、煙草を吸わない方にとっても、不満なく働ける職場となりますし、商業施設でも脱臭性能に優れた喫煙ブースの設置は重要になります。おしゃれで新しい喫煙ブースも登場しており、展示会に足を運ぶことで、最新情報を集めていくことができる点も魅力があります。

今までは、煙草を吸う人と吸わない人が壁でスペースを区切るイメージを持つ方が多かったですが、最近は煙草を吸う人と吸わない人が共存できる分煙環境も登場しています。強力なファンを設置することで、壁で区切らなくても、煙草の煙や有害物質を入口から漏れないようにブロックしてくれます。

壁で仕切らなくてよくなることにより、煙草を吸わない人が近くにいても、においで嫌な思いをすることなく、そのまま会議ができるなど、仕事の効率が良くなります。煙草を吸う人の衣類に付いたにおいが気になる方も多くいるため、強力なファンで煙の滞留を防ぎ、衣類ににおいが付かないようにすることが可能です。

新しい製品が次々と登場しているため、施工業者に気になることを質問して、たくさんの情報を集めてから、取り入れたい製品を決めることをおすすめします。相談しやすいスタッフを見つけることで、いろんな質問ができますし、希望を伝えて、様々な提案をしてもらうこともできます。

スタッフの対応が丁寧だと、安心感を持つことができますし、実績がある業者を見つけて、職人が丁寧に作業を進めてくれることも大切なポイントです。

 

本格的な分煙対策を始めたい方は、最新のパッケージ型喫煙ブースをチェックすることで、壁で区切らなくても、強力なファンで煙が漏れないように対策を取れます。煙草を吸う人と吸わない人が共存することができ、そのまま会議を進められるなど、仕事の効率が良くなるメリットもあります。

古い喫煙ブースのリニューアルに対応してくれる業者もあるため、今まで使っていた喫煙ブースの不満を伝えて、問題点を改善できるように対策を取ってもらうことで、安心感を持てます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
トルネックスの画像
記事一覧