【パッケージ型喫煙ブース】会社の屋内外への喫煙ブース・分煙キャビンの設置や飲食店の分煙対策にもおすすめの喫煙対策業者を比較形式でご紹介!

パッケージ型喫煙ブースを導入する目的

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/07

受動喫煙対策法が成立し、2020年4月には全面施行されることになりました。これに伴い今後ますますたばこを吸う場所が減っていくのではないでしょうか。

その中で大変注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。実際導入する目的とはどのようなことなのか詳しく紹介しましょう。

 

喫煙者と非喫煙者のストレスを軽減

2020年にオリンピックが開催されますが、それに向けて受動喫煙対策の法令が日本でも成立しました。それに伴い2020年4月には全面施工されることになり、今後各地方自治体もさらに受動喫煙に対して厳しい取り組みが行われるのではないでしょうか。

たばこの煙には吸った本人が吸い込む主流煙とその周りに流れる副流煙があります。そんなたばこの煙には有害な物質が含まれていますが、周りに流れる副流煙にも有害な物質が含まれており、それを吸い込んだ人にも健康被害が及ぶ可能性もあるでしょう。

それを防止するため、各地で様々な対策が取られています。その中で注目されているのがパッケージ型喫煙ブースです。パッケージ型喫煙ブースを使用する目的は副流煙を防止し、喫煙者と非喫煙者の空間を分離することです。

受動喫煙対策の法令が成立しましたが、たばこを吸うことが絶対いけないという訳ではありません。喫煙者のたばこを吸う権利もしっかり守られた上で、いかに副流煙を防止することができるかが重要になってきます。

しかしやはり非喫煙者にとってはたばこの煙や臭いは不快なものになってしまう場合もあり、また健康を害する恐れがあるためできるだけ避けたいものではないでしょうか。分煙することができるパッケージ型喫煙ブースは様々なサイズがあり、部屋の広さや大きさに合わせたものを自由に選ぶことができます。

また、嫌な臭いや煙も外に漏れないような仕組みになっているので、喫煙者と非喫煙者が一緒の部屋にいたとしてもしっかり空間を分離することができ、両者とも快適に過ごすことができるのではないでしょうか。いくら距離が離れていても同じ部屋で吸った場合、どうしても臭いや煙などを感じてしまう場合もあるでしょう。

たばこの臭いや煙が嫌な人にとってはかなりストレスになってしまいます。そんな時でもきちんとブースを設置することで両者の空間を分けることができ、お互いストレスのない生活を送ることができるでしょう。

 

副流煙を防止し快適な空間づくり

現在多くのお店や公共の場などでパッケージ型喫煙ブースが分煙目的で導入されています。よく喫煙所を別の場所に設置し分煙しているところがありますが、例えば外に喫煙所がある場合わざわざ外に行かなくてはいけないので面倒と感じる人もいるのではないでしょうか。

仕事の手を休めなくてはいけなかったり、仕事の効率の上でも悪くなってしまうでしょう。そんな時パッケージ型喫煙ブースを職場に導入することで、室内でも分煙対策することができ、安心してたばこを吸う空間をつくることができます。

ブースは室内用と屋外用の両方あるため、その時々で自由に選び設置することができるでしょう。その場に合った一番便利なものを導入することで、みんなが快適に過ごせる空間をつくることができます。学校や病院などは全面禁煙化が進み今後ますますたばこを吸うことができる場所が減ることが予想されます。

たばこにはニコチンやタールといった有害な成分が含まれています。この成分は健康を害する恐れがありますが、吸ったその人自身が吐き出した煙にも有害な物質が含まれているでしょう。しかし、喫煙者にとってたばこを吸うことがストレス発散であったり、リフレッシュをすることができるという人も多いのではないでしょうか。

その権利を奪ってしまうのもまた喫煙者にとっては辛いものです。そのため、今後いかに喫煙者と非喫煙者が上手く空間を利用することができるかが重要になってくるでしょう。

現在多くの販売会業者で様々なパッケージ型喫煙ブースが販売されています。販売業者によってもそれぞれ特徴が異なり、より精度の高いものが開発されています。そのため、販売業者選びもとても重要になるでしょう。

実際に選ぶ際は利用者からの評判がよく、実績のある販売業者を選ぶことで、より安心して利用することができるものを見つけることができます。導入する際の費用がどの程度かかも重要ですが、コスト面だけにこだわってしまうとなかなか良いところを見つけることができなくなってしまいます。

そのため、会社の信頼度であったり、商品であったり、しっかり吟味した上で依頼する会社を選ぶと良いでしょう。

 

複数の販売業者に見積を依頼

分煙化が進む中で、今後どのような分煙対策を取るべきか考えている会社やお店も多いのではないでしょうか。また、分煙設備を設置するにあたりその費用も数十万から数百万と掛かってしまうため、導入を難しく考えている人もいるかもしれません。

パッケージ型喫煙ブースは購入することもできますがリースとしてレンタルすることも可能です。どちらのタイプが導入しやすいのかじっくり検討してみましょう。

たばこは小さな子供などにとっても健康被害を及ぼしてしまう場合もあります。きちんと分煙することで、小さな子供など非喫煙者を守ることもできますし、喫煙者にとっても非喫煙者にとっても精神的な負担を少なくするのではないでしょうか。

今後様々なタイプのブースが開発され、ますます選べる幅も広がるのではないでしょうか。その中からより自分達に合ったものを選ぶことが大切です。

利用者の数によっても大きさを選ぶことができますし、例えば狭いスペースに設置することができるコンパクトなものもあるでしょう。それらを上手く取り入れることがとても重要なことであり快適に暮らす上で重要なことでしょう。

受動喫煙対策の規制が全面施行されるのが目前に迫り、どのように分煙するべきか今以上に考えなければいけない時が来るでしょう。その時の対策の一つとしてパッケージ型喫煙ブースは一つの手です。

また、導入する場合はまず一度販売業者に相談をしてみるのも良いのではないでしょうか。どのようなタイプのものを導入したいのか、大きさや広さなど希望を出し、それに合わせて見積をしてもらいましょう。

また、その際、一社だけに見積依頼をするのではなく、複数の販売業者に見積依頼をすることをおすすめします。同じようなタイプのものであっても販売業者によって値段が大きく異なる場合があります。

また、複数の販売業者に見積依頼をすることである程度導入するための費用相場が分かるのでおすすめです。ぜひ導入を検討しているのであれば、販売業者を絞っていくつか見積を依頼してみましょう。

 

受動喫煙対策法が成立し、今後ますます喫煙者にとってたばこを吸う場所が減っていきます。しかし、たばこを吸う人の権利もしっかりと守られなければいけません。

そこで導入する会社やお店が増えているのがパッケージ型喫煙ブースです。分煙目的のために導入する会社などが増えており、今後その需要が増えるのではないでしょうか。

導入することで喫煙者と非喫煙者の両者が快適な空間をつくることができ、副流煙から非喫煙者を守ることができます。また喫煙者にとっても他の人に迷惑にならずに安心してたばこを吸う空間を確保することができるのでおすすめです。

導入する場合は複数の販売業者に見積依頼することで費用相場やそれぞれの特徴を知ることができるので、ぜひしっかり調べてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
パッケージ型喫煙ブース販売・設置業者ランキング!
記事一覧